タクシー求人情報はこちら

★出口を考えなくていい物件って?【 首都圏不動産インサイドニュース 】

  | 投稿者: 知恵梟

「勝てる投資家」を目指して!
===========================
 株式会社コン・パス 村上
 ☆首都圏不動産インサイドニュース
===========================

●〇Twitter●〇---------------------------------
Casegoodを運営している株式会社コン・パスの
代表取締役社長である村上俊介のTwitterアカウント
http://park-ex.jp/L6256/rq0/1t1681
-----------------------------●〇follow me!!●〇


村上です。

勉強会の会員さん等から、
「村上さんはどうやって、
幅広い知識や情報を仕入れたのですか?」
と訊かれることがあります。

私は社会に出てから
ずっと不動産業界で働き、
しかも開発や仲介、債務整理など、
様々な分野を経験してきました。

そこでの経験から学んだ
という理由が一番大きいのですが、
もう一つ、心当たりがあります。

それは、新卒で入った会社で、
先輩や社長に何かを質問すると、いつも、
「プロにきけ」ときつく言われ、
わからないことがあるとすぐに、
士業の人たちに話を聞きに行っていたことです。

弁護士、税理士、司法書士、設計士…、
彼らはルールを熟知しており、
それに沿った正解を示してくれます。

素人に効くのと違って、
「〇〇だと思う」ではなく、
「○○です」と答えてくれます。

新人の頃は業界用語も知らなかったので、
「そんなことも知らないの?」と
迷惑そうな顔をされたこともありました。

それでも、何度も通ううちに、
不動産に関する法律や仕組み、
そして、それに関するビジネスの話が
理解できるようになりました。

今でもその時のクセがついているので、
わからないことがあると、
士業の方たちに教えてもらっています。

サラリーマン大家さんと話していると、
「業界に詳しいAさんが言っていた」
「不動産会社の営業マンが言っていた」
「ネットに書いてあった」
そんな話がよく出てきます。

しかし、そこには何の根拠もありません。
つまり、信用するに値しないのです。

わからないことがあったら、
「プロ」に訊きましょう。

正しい知識は身を助けます。
正しい情報は、進む道を示してくれます。

融資について疑問があるなら、
金融機関に電話をしたり、出かけたりして、
直接、質問してみましょう。

「銀行に電話をするなんてハードルが高い」
なんて言っている人は、そもそも
不動産投資には向いていません。

不正確な情報をいくら集めても、
真実かどうかがわからない以上、
役には立ちません。
雑談のネタになるくらいです。

Casegood-カセグ-のマンスリーミーティングでは、
定期的にゲストに士業の方を迎え、
質問に答えてもらえる機会を設けています。
よろしければ、ご参加ください。

もちろん、私(宅建士)への質問も
大歓迎です(笑)

-----------
出口を考えるな!?
-----------

さて、本題です。

コン・パス(Casegood)では、
これまで何度も

・収益性と資産性の両面から
・物件をきちんと査定して値段を付け
・儲かる物件にのみ買付けを入れろ!

と、みなさんに伝えてきました。

物件の収益性や資産性を
買付けの段階で把握しておかなければ、
売却時に損をする可能性が
高まってしまうからです。

つまり、不動産経営で成功したいなら、

・出口を考える

これが最も重要なんですね。

でも、物件の中には、
出口を考えなくていいという
例外もあるんです。

どういうことでしょうか?
これから説明してみますね・・・

メルマガの続きはコチラ
▽ ▼ ▽
https://bit.ly/2QZnI0w


▽▽バックナンバーはコチラ▽▽
http://park-ex.jp/L6256/rq0/2t1681



◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎首都圏不動産インサイドニュース
の配信停止はこちら
⇒ https://www.mag2.com/m/0001674020.html?l=lnv16936a5
タグ: 転職 就職 相談



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ