タクシー求人情報はこちら

★不動産をもらったら、どうする?【 首都圏不動産インサイドニュース 】

  | 投稿者: 知恵梟

「勝てる投資家」を目指して!
===========================
 株式会社コン・パス 村上
 ☆首都圏不動産インサイドニュース
===========================

-----------------------------------
 代表村上のQ&Aコーナー連載中!
 コン・パスの公式YouTubeはこちら
    ↓  ↓  ↓
   https://bit.ly/2IlLsJH

------▽▲Add my channel!▲▽------


村上です。
先日、出張で上海に行きました。

展示会的なイベントにブースを出して、
日本の不動産を紹介してきたのですが、
予想以上の反響で、驚きました。

何年も前から計画していたとかではなく、
偶然というか、正直、
行き当たりばったりでの訪中でした。

というのも、私たちの会社に、
中国出身の優秀なスタッフが入ったので、
そういう風向きなのかも、と思い、
申し込んでみたんですよね。

きっかけはそんな感じでしたが、
充実した時間を過ごせて、帰国してからも、
「行ってよかった」としみじみ思っています。

(その後、台湾出身のスタッフも入りました。
 ステキな偶然が続いています)

中国によく行かれる方はご存知だと思うのですが、
中国の発展のスピードはすさまじいものがあります。

GCP(国内総生産)は世界2位。
2010年に日本を抜いて以来、
その差はどんどん広がっています。

中国というと、昔はマナーの悪さなどが
問題になっていましたが、
仕事で会う方たちは、
みなさんとてもスマートで、
デキるビジネスマンという感じです。

それでいて、彼らっていい意味で、
ギラギラしているんですよね。

基本的に、
彼らは自分たちの国の政府を信じていません。

「自分の財産は自分で増やす!」
「増やした財産は自分で守る!」

という意識が強いので、
自然とアグレッシブになるのでしょう。

彼らの前のめりな姿勢を見ていると、
「俺たちも、うかうかしてられないな」と
いい刺激を受けます。

実際、広い展示会の会場で
世界中からきた来場者と話していたら、

「日本は小さい。
 もっと世界を相手にビジネスをしたい」

と自分の思考がぐんぐんと
広がっていくのを感じました。

もともとバックパッカーで海外は好きなので、
日本人だけでなく、外国の方とも
仕事をすると考えるとワクワクします。

このメルマガは日本語なので、
可能性は高くないと思いますが、
もし読者さんの中に中国や台湾の方がいたら、
遠慮なく問い合わせをしてくださいね。

弊社は、中国語、台湾語、
どちらも対応が可能です。

-----------
もらった不動産、どうする?
-----------

さて、本題です。

もし、あなたが誰かから、
土地や建物を譲り受けたら、
どうしますか?

これって、決して他人事ではないんです。
日本では地方の過疎化と、
人口減少が問題になっています。

地方出身の方なら、親からの相続で
今後、遠く離れた不動産を
引き継ぐ可能性だってあるでしょう。

今回はそのような、
「もらった不動産」をどうするか?

これについて、考えてみたいと思います・・・

メルマガの続きはコチラ
⇒https://bit.ly/2Vlii4o



・・・
■1棟目で失敗したくない堅実なあなたへ

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
致命的なミスを回避する4つの必修科目(無料)

http://ur0.work/YqpP


・・・
■専業レベルへの最短ルート!

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
3000万円プチ資産家マニュアル(無料)

http://ur0.work/q3FV


・・・


■借金で人生を棒に振りたくないあなたへ

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
オーバーローン破産回避マニュアル(無料)

http://ur0.work/x4vB

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎首都圏不動産インサイドニュース
のバックナンバーはこちら
⇒ https://archives.mag2.com/0001674020/index.html?l=lnv16936a5

◎首都圏不動産インサイドニュース
の配信停止はこちら
⇒ https://www.mag2.com/m/0001674020.html?l=lnv16936a5
タグ: 転職 就職 相談



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ