2009/8/8

のりピー  日々の戯言

とうとう逮捕。
たしかに亡き父親はヤの付く自由業の人であることは、地元では周知の事実であったし(ちなみに世界的に有名な某柔道家の家庭もそうである)、弟も先月にシャブで捕まっていたようだ。
…おそらく、弟が捕まった時点で、のりピー一家への疑いを警察はもっていたのではないかな?それで、旦那が先に捕まったのではないか?…

何はともあれ、犯罪は犯罪である。ばれなきゃいいやと思っていたのかな?個人的な見解であるが、旦那と付き合いだした頃から常習化していたのでは…?これだけ社会を騒がせたのだから、出頭してきたとはいえ、執行猶予付きの実刑を受けるのではないだろうか?事務所が解雇しなかったら、サンミュージックは甘すぎるな…。

たとえ、(可能性は低いけど)刑務所から出てきたとしても、芸能界は再度彼女を受け入れてしまうのだろうか?ここが一番引っかかる。普通、一般企業などに勤める人が、もし同じ犯罪を犯せば、解雇され、社会復帰への道は困難なものとなるだろう。しかし芸能界は、これまでも様々麻薬に染まった者の復帰を容認してきた。本当に更生が必要なのであれば、業界で規定を作るなどして、何処の事務所も受け入れず、個人でアポイントをとり、刑務所の慰問や福祉施設のボランティアなど、自分の芸を活かした社会奉仕を5年くらいは続けるべきであろう。ただ自宅謹慎をするといった逃避的なことでなく、きちんと社会に貢献したい、という事を形に出してから芸能界に戻ってきて欲しいと思う。

それにしても、芸能界の麻薬汚染をこれを機会に、しっかり膿出しして欲しいと思う。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ