2007/6/30

コレだけ長いP−2J  飛行機模型

改造パーツを組み込む長谷川のオリジナルキットと比較してみました。
データによると、実機は1.3m長いンだそうです。
             灰色がオリジナルです。
クリックすると元のサイズで表示します

機首は全く同じなので、延長部だけ改造パーツにすれば、いくらかでも
お値段が安くなったのでは?と思うのは浅薄でしょうか・・・・
逆に、カットが複雑になったり、接合が真っ直ぐなるようにしなければ
いけませんので、工作は難しくなりますね。

キャノピーや機首のスポンソン風防はオリジナルを使うので、どちらの
機首部品が合いがよいかで、また悩みそうですね・・・。

レジンパーツといえば、「重い」というイメージですが、このくらいになると
プラキットのように、中空になるようになっていますので、意外に軽いのです。



2007/7/2  22:43

投稿者:シミソ

そういえば最近
機体全面がネービーブルー?の鹿屋?の箱絵を見たような気がします。
\3200にもなったんですか!
改造キットと現行キットを合わせると1万近いですね。
新規金型でP-2Jならまだ考えますが
旧キットで・・う〜ん、きついですね。

http://shimiyan21.cocolog-nifty.com/blog/

2007/7/1  19:14

投稿者:nananiya72

長谷川の老朽こき使い廻しのP−2V7のキット
最近のは、なんと¥3200にまで出世しました。 この改造キットは¥6500です。

2007/7/1  11:21

投稿者:シミソ

とうとう改造キット出たんですね〜。
昔(P-2Jが引退したあたり?)MA誌で自衛隊機特集があったとき
「お!作ってみたい。」と思いましたが
エンジンカウルと主脚のダブル化・サイズ変更で挫けた思い出があります。


http://shimiyan21.cocolog-nifty.com/blog/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ