2007/6/24

改造パーツ  飛行機模型

長谷川からはいつまでたっても、キットが出てこないので・・・・・
と北海道のメーカーがレジンで改造キットを発売しました。
 クリックすると元のサイズで表示します
KAWASAKI P−2J であります。
このベースになりました、ロッキードP−2V7 は長谷川から40年も前にリリースされており、現在も箱換え、デカール替えで働かされ続けているゴクローさんなキットなんであります。 
P−3C はキットになっているのに、過去80機も生産され、配備されたP−2Jのキットがないというのは、おおきな片手落ちでありましょう。

というのはさておいて、このほど『NMC』というメーカーさんから 
P−2Jの改造キット(レジン製)が発売されました。 
といっても製品は6ヶ月前ほどに初版が出ていたのですが、財政難で購入できず、
今般入手となったわけであります。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します
  コレが改造キット    中身です。        元キットのカット指定

地味な機種のせいでしょうかP−2JとP−2V7との違いを、
わが、クラブのメンバーもあまり認識していないことに、びっくりですね。 
KAWASAKIの傑作機なのに・・・・・

このP−2Jの安定運用の裏では、伝統の名機のはずのPS−1飛行艇が
グズグズになってました。





2007/6/29  1:43

投稿者:ラッキーユダヤ

お世話になっております。

「ネプチューン」の方がとおりがいい我々の世代ですが、確か後継機は「P−3C」で、ロッキード事件で丸紅や伊藤忠を巻き込んだ証人喚問を小学生の頃、テレビで見ました。

Eパーツがすごいですね〜(笑)。

また勉強させて頂ければと思っております。


http://wave.ap.teacup.com/showa-club/

2007/6/25  21:50

投稿者:nananiya72

ん〜ん 男らしいというのは、言いえて妙な・・・
ななに屋が子供の頃は、P−2V7でブルー一色でした。 P−2Jは最初からツートンだったような・・
なぜ背中が白いか・・・・
すこしでも機内温度を下げ、電子機器の性能をあげるという、温度対策だったそうです。

そういえば、30年前のコンピュータは裏がわのパネルをとりはずし、フリーアクセスの床を取り外し、通気を良くし人間無視の冷房かけていましたなぁ〜・・・・
コンピュータってやつは、大量風量の温風を発生する暖房機のような・・・・

2007/6/25  0:11

投稿者:majirisan1954

あ、この飛行機は見たことがあります。
カラーリングがなんか「男らしい」と思った記憶が蘇ってきました(懐)

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ