2007/6/17

プラ板・瞬接・盛りパテ・サンペ  飛行機模型

胴体はほぼOKと思っていたら、まだまだ工作部分はてんこ盛り。
モチベーションアップとばかりに、翼をくっつけてエツに入っていたのですが、
胴体ストレッチによる変更点で主翼マウント部強化と空力の関係か、
フェアリングが大型化されていますので、それの工作です。
コクピット窓のカタチもアウトなので供給されたパーツで差し替えです。
    向こう側のQ400がフェアリング未改修(部分的オリジナル)
クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
フェアリング付の尾翼   ごっそり撤去       Q300大型化フェアリング
手前Q300向こうQ400   シールド差し替え    プラ板と瞬接で強引に

キットもお手ごろだし、改造だってたかが知れてるという大甘な判断で
始めたのはいいのですが、ケッコウ苦労しています。
一応、2機同時進行・・・新規にキット入手次第3機目を「海保」仕様で
追いかけなければね。
ただし、実機の配備は来年なのでそれまでは、リサーチ期間に・・・・?





2007/6/20  0:28

投稿者:majirisan1954

不勉強で申し訳ありませんが、海保仕様とは?

輸送機、哨戒機? う〜全然分らん

2007/6/19  21:12

投稿者:nananiya72

Q400はさらにこの主翼マウント部、主翼中心で4mm♂♂(アゲアゲ)と指示が入りました。
きっついナ〜・・・まったく

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ