2007/5/12

ほんまや  

大阪市水道局の「水」ということで、ご覧の水道水入りペットボトルが
各人1本あて配られました。
マズイと言われ続けた大阪の水が、高度処理と言われる浄水方法で
おいしくなったので、飲んでねという宣伝も兼ねたもののようです。

   クリックすると元のサイズで表示します

それにしても、なんだろねこの意匠は(笑) イチゴ味の乳飲料を連想します。
おいしい水なら、もそっと爽やかなデザインは出来ないのでしょうか。

この「ほんまや」 HP があります。
アンケートに曰く、ミネラルウォーターに劣るとも勝らない結果になって
いて、妙に信頼感があります。

え、?味ですか? 「・・・・水です(^o^)」

東京都でも「東京水」と銘うって、ペットボトルで販売してますが、こちらは
飲んだことがありません。

なんにせよ、水道水の味を気にするようになったのはケッコウなことです。



2007/5/13  17:41

投稿者:ななにや

ふと、思った。。
大阪の人が、ペットボトル入りの水道水を買うのだろうか。
企画したがわは「東京水」もあるのだからというノリかもしれないが、大阪ってとこに、大きな勘違いがあるような気がする。。。

2007/5/12  22:19

投稿者:ななにや

水処理関係の仕事をしている身としては、いろんなトコロに行く度に各地の水道水を意識をもって口にしますが、
各地の水への評価は、うまいとかおいしいではなく「よい」「よくない」と評価してました。
不快感なくがばがばと飲める水は「よい」と思うております。
長野の松本の水は悪かろうハズがないのに、水が変わったために、全身に皮膚障害を起こした体質を持つ人も知ってますし、旧浦和市内でほんの2km引っ越しただけで、水が変わって同じく皮膚に異常を起こした人も・・・
冷蔵庫で汲み置きした冷たい水は、案外「いける」と・・・・

2007/5/12  20:17

投稿者:ハタ

いわゆるタップウォーターというやつですね。
裏磐梯とか行きますと水道の水がなぜか美味いんですね。やはり土地なんでしょうか?

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ