2007/3/9

そんならジオラマや模型  

先日の東京都博物館のレポート、  飛行機になり損ねたジュラルミンが
話題性に乏しかった(というか食い付がわるかった)ので、 そんじゃぁ〜
といことで・・・・・

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

見ほれるほどのジオラマであります。
ところが、この縮尺を見てないのですね(+_+) 

さらに、その当時の建築物の模型もありました。
      クリックすると元のサイズで表示します     クリックすると元のサイズで表示します

関東大震災で倒壊した、通称「浅草の12階」・・・
設計者はかの「滝廉太郎」の兄上と聞いたことがことがありますが、ココには
その表記はありませんでした。



2007/3/20  21:18

投稿者:nananiya72

らッキー様
ご指導などとは・・とんでもござんせん。
単に、クリア部品に刃を入れる気にならんだけです。
この方式の欠点は縦と横の色合いが違ってしまう場合があることです。
窓枠カッティングに問題がないのであればそれもヨシ!でありますよ。
ただし、バードマンのマスキングフィルムにはくれぐれも
ご注意めされよ。


2007/3/18  16:15

投稿者:ラッキーユダヤ

ご指導ありがとうございます。

縦横とは気がつきませんでした(笑)。

次の天山の時に試してみようと思います(笑)。

しかし、風防マスキング、ご覧になっておられたのですね…(汗)。
これは迂闊な工作できませんね…(大汗)。



http://wave.ap.teacup.com/showa-club/

2007/3/17  23:07

投稿者:nananiya72

マジリさま
この博物館は、世界的に見ますと国家予算並の東京都が作った施設ですので、一般人の感覚では判らないですよね。  企画会社がそれなりの制作会社に作製を依頼し、無数の職人さんが携わったのではないでしょうか。  とにかくシロートさんの仕業では、到底ありえません。

らッキー様
いらっしゃいませ 江戸東京博物館は
縮尺模型、実物大模型、それに実物と多彩です。

http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/about/josetsu/index.html

実物や現物にしても、ななに屋が見た記憶はありませんな・残念ながら・・・ニアミスらしいですが。

日本機は風防枠のマスキングが大変ですね。
ななに屋は初心者的に縦は縦、横は横で二度やってます。 単純ですが確実と思っていますが、どうでしょか。

2007/3/17  4:11

投稿者:ラッキーユダヤ

はじめまして。

諸先輩方のリンク先を辿って参りました。

駆け出し素人で、旧日本海軍機を中心に弄っております。

毎回の記事をとても楽しみにさせて頂いております(笑)。

江戸東京博物館、行ってみようと思いつつ、一度も行ったことがありません。

西東京市の江戸東京建物園には行ったことがありますが…(笑)。

建物系の模型、結構好きなもので…。

大変参考になりました。
今度見に行ってみます。

今後共、宜しくお願い申し上げます(笑)。




http://wave.ap.teacup.com/showa-club/

2007/3/15  0:55

投稿者:majirisan1954

「凄い」というよりも「凄まじい」ですね。こんな大きなジオラマ、家で作れるんでしょうか?

それから両作品とも単独製作なのか、それともグループ製作なんだろうか。

どちらにしても、どれくらいの日数がかかるんだ?「1年」で足りるのか???

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ