2007/2/23

DC-3は七変化  

ターボプロップ装備のDC−3があるというので
捜しましたら、最近のタイ空軍の写真が拾えました。
   クリックすると元のサイズで表示します   クリックすると元のサイズで表示します

それにしても、ここまでやるの??

あたらしもの好きのわが国の次期国産輸送機と対潜哨戒機のロールアウト
が延びたそうです。
原因は輸入モンのリベットの強度不足だそうで・・・・

空洞化はここまでも?・・・・・ボルトも釘も疑った方がよいのでしょうか。

以下 朝雲新聞より。

リベット不適合で完成披露遅れ
PX、CX開発

防衛省は2月2日、海自向け次期固定翼哨戒機(PX)と空自向け次期輸送機(CX)について、最終組み立てを行っている川崎重工業から「輸入部品の一部に強度不足があることが判明したため、ロールアウト(完成披露)が予定されていた3月6日に実施できない」との報告を受けたことを明らかにした。
強度不足で不適合が分かったのは輸入品のリベットの一部。同リベットは長さ約13・5ミリで、両機体の部品接合等に用いられている。川崎重工業では現在、不適合リベットが両機体にどれだけ使用されているか調査中だが、不適品はすべて新しい適合品に交換するため、ロールアウトの実施時期などは調査結果を踏まえて判断される。
PX、CXの研究開発は、これまで順調に進展し、両機の飛行試験機1号機は今夏に初飛行を予定していた。両機のリベット交換作業が長引けば、ロールアウトやそれ以降の各種試験が遅延する可能性もある。

   クリックすると元のサイズで表示します   クリックすると元のサイズで表示します


それにしても、基本素材の類で足元をすくわれるとは。




2007/2/26  21:39

投稿者:ななに屋

それにしても、ペイロードがC-1の3倍ともなりますと、一緒に写っている作業員と比べるとかなり巨大な輸送機ですね。  対潜哨戒機もコクピットの窓が大きめですので、錯覚しますが、それなりにデカイですね。
なんにしても、米国のP-8が双発ということを考えれば、かなり気分がエエですわ。

2007/2/26  1:20

投稿者:シミソ

ターボブロップのDC-3ってなにか違和感が(笑)

リベットの強度不足、大戦末期の日本のような話ですが・・・。

戦後も生き長らえているDC-3の記事と
現代の部品の強度不足記事
対照的な話ですね。


http://shimiyan21.cocolog-nifty.com/blog/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ