2006/11/25

支援戦闘機という名の攻撃機  飛行機模型

日本語とは便利なもので、支援戦闘機というジャンルを世界で初めて設定した。
制式戦闘機を補完する第2線の戦闘機を指すのかと思いきや、制式戦闘機では
不足する、射爆性能を強化した戦闘機いわゆる攻撃機です。
近年 ハセガワから出ましたF-1に先んずること25年以上?・・・・
フジミの1・48の三菱F−1支援戦闘機、完成であります。

クリックすると元のサイズで表示します

武装はハセガワのウェポンシリーズ、デカールもハセガワF-1から少々・・・
ハセガワから少々と言うのは訳があり、ハセガワの場合は最近のF−1の
状態のデカールのようで、かなり省略されておりまして、今回のように、配備当時の
#201号機などを作ろうとした場合には同じ#201号機のハセガワデカールが
適用できないようです。 実機の場合もかなり、迷彩パターンとかステンシルとかが
グズグズになっちゃってるようです。
(もともと塗装のパーターン誤差60cmも・・)

 クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

配備直後の展示状態を模しているつもり・・・・・500£MK82爆弾は
模擬弾という設定です。

ただし、調べてみたら爆装状態でサイドワインダーのランチャー装備の写真は
ありませんでした。  伝統のパワー不足によりランチャーさえもはずして、
やりくりしているようで、これが事実上のフル装備らしい。

ちなみに、ハセガワのキットではこの500£爆弾8発搭載状態は再現できません
ラックが付いていないのです。




2006/11/28  21:28

投稿者:suityokutank

さすがに師匠の完成品ですな、もうこうなるぞというコンセプトが感じられます。
わしはここまで根気が続きませんから、こういう完成品は未来永劫作れないでしょう(笑)
多分機体の迷彩が終了した時点で満足してしまいますな(汗)

ま、その前にジェット機を作るほうの気力が(爆)

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ