2006/11/18

海軍も60年もたつと  

先日 海上観閲式が行われたそうです。  職場のオネイさんが公開予行に
行ってきたようで、その際のお土産が廻ってきました。

なんと、予行見学のため、横須賀前泊(自腹)という気合の入りよう・・・・
まぁダンナはもと海上自衛隊員だからそうなるんでしょうけどね。

乗艦は「さわかぜ」だったそうです。

イージス艦配備前の対空護衛艦ですが、 同種異型の「あまつかぜ」があるので
同型艦は3隻という変則の艦だったような・・・・そしてこの「さわかぜ」も
「たちかぜ」型とはいいながら、「あさかぜ」以上に各部はかなり差異があるようで・・

ハナシはこのパンフレットの内容・・・

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

栄光には特に異論をさしはさむほどの知識はありませんが 軍艦はおかしい!
日本海軍の場合、軍艦と呼べるのは「舳に菊の御紋章」のあるフネである。

つまり駆逐艦は軍艦ではない。  海上自衛隊が知らぬ訳はないと思うが・・・・・

一般人向けなのだろうか???  「栄光の駆逐艦」と書けばいいのではないかと
思うが、「さわかぜ」が末期に艦種変更になっている可能性もあるが  どうだろう。

「船体は福島県小名浜で防波堤に転用された。」 とあるので、最後まで駆逐艦
だったようだ。



2006/11/19  10:16

投稿者:nananiya72

極端なハナシ、大新聞でさえ戦闘用艦艇を「戦艦」で済ましちゃいますから・・・
C-1は自衛隊の大型輸送機だし。
KC−135をB-52だと平気でキャプションつけるし。

ま、菊の御紋があるのが 軍艦 という区別は日本海軍だけですから、世界的には「戦ぶね」というくくりを日本語にあてはめると、 軍艦 でもいいのかな??

元、印刷ヤのななに屋としましては、経年変化という点で、何が発見されようが
すでに、オリジナルをあらわしていません。

というわけで、なにがあろうが、なにが出てこようが、「へぇ〜」とだけ言う人なのです。

2006/11/18  22:49

投稿者:シミソ

旧軍の駆逐艦他は数隻が各地の防波堤に利用されていますね。
惜しかったのは数年前まで千葉県(だったか?)に残っていた
海防艦「志賀」が解体されてしまった事。
保存運動もあったみたいですが行政はまったくその気がなかったようで・・・。

http://shimiyan21.cocolog-nifty.com/blog/

2006/11/18  21:15

投稿者:suityokutank

菊の御紋があるのが軍艦なんて、いまの若い人は知る分けないと思います(笑)
緑に日の丸はなんでも零戦ですからねえ(汗)

ゼロ戦といえば、正確な色見本が見つかったって話・・・師匠はあまり興味無さそうだなぁ(爆)

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ