2009/8/8

鐘馗U型のハ−109  

長谷川 32 鐘馗のエンジンです。
自動車でいえば、デストリビュータにあたるリングへの孔明けはちょっとハードです。

その孔へ二つ折りしたワイヤーを埋め込んで、一気筒へ2本づつ配線しています。

         素材は0.4mmのワイヤー(下にある商品)
クリックすると元のサイズで表示します

カウリングにこのエンジンを入れると、中ほどの3mmくらいしか見えませんが、
ワイヤーがあるとないでは、大違いですから・・・・

排気口のパーツは上下分割のパーツですが、同じ形ではありませんので要注意、
上上、下下でも合いますが、違ったものになりますので、説明図のナンバーは
しっかりチェックしましょうね。



2009/8/10  22:59

投稿者:nananiya72

エンジンですから、当然吸気系と排気系の配管が必要なんでしょうが
どの道見えないシロモノ。

男らしくきっぱりと省略(爆)

一気筒分ぐらいは・・・・ ん〜素材がないわ   やめやめ

スジ彫りの間違いなんてあったんですか? 知らなかったです。
大きく違わなければOKにしま

と言いながら、機銃のガスヌキは抜いてルーバー入れたりしてコネタ好き
になったりしています(笑)


2009/8/10  9:40

投稿者:pierrek523

実感たっぷりで、素晴らしい仕上がりのエンジンですね。
シリンダーの色合いが、アルミっぽくて実にイイ感じです。
プラグコードの色は、真鍮のような金属色でしょうか?

2009/8/10  0:37

投稿者:シミヤン

私はエンジンとかコックピットの弄りを見るとたまらなく同じことをやりたくなるのは治さないといけません。
エンジンパーツだけ欲しいですね〜(笑)

この32鐘馗も48と同様の主翼などのスジボリ違いはあるのでしょうか?

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ