2009/3/15

キャノピー先付け  飛行機模型

 士の字になってから、色々問題が出ました。

 そして、これもまた大問題・・・・

 キャノピーが あ わ な い  塗装後に乗っけるにはあまりにも・・・・

 そこで、この状態でキャノピーをくっつけることにしました。
 選択したパーツのせいで、いまさらキャノピーの開は不可能なのです。

 キリコや吹いた塗料の侵入を防ぐ為にかなり入念な合わせと接着が必要
 過去には、大失敗して経験がありますので、それ以来やったことがない
 手法となります。

    クリックすると元のサイズで表示します
       なんとかキリコが入らずに接着できたようです。
 
 このように、キャノピー先付け派と後付け派がいるのですが、お互いが
 その手法でうまくいくことが「信じられない」と言いますが、それぞれ
 利点がありますので、これはなんとも結論がでない論争に発展する恐れ
 があります。

 後付け派のワタクシとしても、先付けのメリットは充分理解しており、
 先付けでやりたいのですが、
 なにぶんにも合わせ精度を確保できないため、営々と
 後付を続けてきましたが、これが転機となるのやら・・・・



2009/3/21  11:28

投稿者:nananiya72

先付けの場合は士の字になってから、キャノピーマスキングとなりますので、取り回しが
厄介です。
事実、キャノピーマスキング最中に翼端の
ランチャーレールがセーターにひっかかり、ポッキリと・・・・・
折れただけなら、まだしも、主翼の付け根が
はがれました(泣・涙)

2009/3/21  3:01

投稿者:majirisan1954

お晩でやす。
私はほとんどが先付けですね。摺り合わせが下手なために、削り作業で
余計に合わなくなることが多いです。

なので、少々の隙間ならパテ埋め薄め液拭取り術が使える先付けが
(私にとっては)楽です。

2009/3/18  1:25

投稿者:ラッキーユダヤ

ご無沙汰致しております。

あわわ…、キャノピーの先付けor後付けですか(汗)

どちらも緊張のあまり手が震えます。

キャノピーの接着作業自体が緊張しますので(大汗)



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ