2006/9/28

北欧の竜  飛行機模型

SAAB35 DRAKEN

日本ではあまり馴染みがありませんが、カッコのいい飛行機です。
昔はアメリカのセンチュリーシリーズに比べて、なんとなくマンガチックな
外形で大して興味もなかったのですが、最近の目でみれば、かなり未来チックな
機体と思えるようになりました。
なんと、初飛行は1955年  同年、初飛行した機体を調べてもオモシロイのでは
ないでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

J35は世界で初めてダブルデルタ形式の翼平面形を採用した航空機で、この形式は後に開発されたコンコルドやスペースシャトルにも影響を与えているらしい。

クリックすると元のサイズで表示します

飛行中のスタイルはいいのですが、地上姿勢がなんとも・・・・・
このへんが、昔好きになれなかった理由かもしれません。

エアーフィックスもエレールもあまりオススメできません。
ハセガワも作りにくいと言われていますが、1/72です・・なんとかなるでしょう。
そして表面が荒れていないだけ手間がかからないこと受け合いです



2006/9/29  20:46

投稿者:nananiya72

「ときどき」にカッコい〜〜と思うものが違ったりしますので、その「ときどき」にマイフェバリッツを増やして行けば、作りたい!はケッコウ広がりますね。

徒然なるがままでございます。

それでも、収拾が着かなくなったうえに、付き合いで業種外に誘われる・・・なんてのがはいると、
完全に収拾不能でありますね。

閣下も是非コンコルドを・・・・エールフランス版がリリースされたようです。
ただ、こちらは塗料がバンドルでちーと割高か・・・スクラッチ魂を経験できますです。

2006/9/29  1:11

投稿者:suityokutank

どーも飛行機はプロペラが回ってないと触手が動かないんですよね(汗)
まぁ一部ジェット系も作ったことがありますが、飛行機全製作数からすれば、せいぜい2〜3l位かもしれません(笑)

ま、嗜好が変われば、まだまだ作る飛行機の種類が沢山あるということですな(爆)

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ