2008/3/3

驚きの機種選定  

エエ〜!??と思えるニュースであります。

ボーイングはB-787で手が一杯ってことでしょうか

★欧EADS・米ノースロップ、米軍の次期給油機179機受注★

欧EADS・米ノースロップ、米軍の次期給油機179機受注
 欧州航空防衛最大手EADSと米ノースロップ・グラマン連合が
米空軍の次期空中給油機を受注した。
合計179機の大型契約で、受注総額は約400億ドル(約4兆1000億円)に
達する見込み。
米国の次期空中給油機の選定を巡っては、米ボーイングと欧EADSが
争っていた。

 EADS連合が受注したのは、子会社エアバスが製造する大型旅客機
A330を改良した給油機KC30。

クリックすると元のサイズで表示します

いやぁ〜10数年前の海軍の練習機に始まり、最近では、ヘリコプター
それも海兵隊が運用する大統領専用機にもヨーロッパ製、さらに戦術面
でのキーになる、空中給油機までも、エアバス????ですか・・・・

さて、わが国の機種選定にどのような影響が・・・・・
次ロットの空中給油機は案外こっちになったり・・・、
AWACSもエンブラエル??・・・だったら4倍の機数が・・・・





2008/3/10  2:35

投稿者:ラッキーユダヤ

米国の経済がこんな風になった今日では、あながち有り得ない話ではなさそうですね。

サブプライムなんて、5年前の日本人の誰が予測していたでしょうか?

案外、露介のルーブルが世界を牛耳るのでは…、

間違っても人民元は世界通貨では相手にならないかと…(笑)

あ、模型のコメントができませんでした(汗)

どうかお許し下さい(大汗)




コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ