2007/11/12

デカールが使えない  飛行機模型

                トライスター 
           長谷川1/200 全日空 です。

ぼちぼちと21機分もある未完成品のうちの一機の胴体を塗装しているわけで、
デカールを使わない(使えない)もののなかでは、
一番シンプルでやり易いと思ったのですが、
案の定、お尻のエンジンフェアリングの丸みにいかに直線を合わせこむで
マスキングを苦労してしまった。

           「なぜか3発機がすきだ」
クリックすると元のサイズで表示します  

後は、デカールの切り貼りで・・・・ と楽なようだが、
主翼もエンジンポットも手がかかりそう。

主翼は途中までスジ彫りに直してあるゾ・・・記憶にない  

一体いつからやってるんだろうか・・・。




2007/11/15  20:47

投稿者:nananiya72

21機は胴体、主翼は別々ですのでスペースはとりません。
「ANA」は白地を吹いて文字を切り抜いて貼り付けています。 いたって普通なんで・・・・

直線のこの大きさなら割とラクです。

長谷川デカールの白はどんどん黄ばみますので、
(もともと白くない)使いませんが、使えるものは
使います。

2007/11/15  0:58

投稿者:majirisan1954

ちわっす、まじりです。
途中品が21機もあるんですか!その置き場所だけでも、かなりスペースを
取るんじゃないですかね。

デカールを使わないということは「ANA」はどんなにするんでっか?

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ