2007/9/24

零戦21型ハセガワの場合A  飛行機模型

仕掛かり中の零戦21型です。
4ヶ月も塗装らしい塗装作業をしていないと、色々と勘が狂います。
今日警戒線と日の丸と翼端等の塗装をしました。

クリックすると元のサイズで表示します

色も濃度も あれぇ〜 おやぁ〜 なんでぇ〜 シンナー?リターダー?
コンプレッサー?

日の丸はやり直しっぽいですね。 色が薄いと酷評したデカールよりも
薄い赤になってしまった・・・

さらに、機体を混合色にしたのですが、残量がそろそろ底をつくので
キャノピー枠がギリギリかなぁ〜(+_+)



2007/10/6  20:44

投稿者:nananiya72

技術ナシオさま
書き込みありがとうございます。 いらっしゃいませ。

以前は確かに、自分もモンザレッドにしてましたが、
どうも、時期によって違うようです。
最近は大戦後期の機体はモンザレッドに茶系を足しています。
大戦後期の日の丸の色は、ファインモールドのデカールの赤が好みです。
自衛隊の日の丸も気が付いてみれば、この茶を足したような、色ですね。

ご祖父様の貴重な情報ありがとうございます。
面積的なものもありますし、当時の塗料事情もありましょう。海軍、陸軍の違いもありましょう。
「近い」と仰る記憶力は瞠目すべきでしょう。

ようは、日の丸にも、飴色論議的の要素があるということです。   飴色論議中は水面下でK氏とは意見交換もしたなかですので、色の難しさは判ります。

日章旗の赤は位置が決められているだけで、色は
どこそこ規格の何番とは、現在でも定義がないと心得ますが・・・・
関西では、長持ちさせる為に関東よりも赤が濃いと
いう噂もあります。

ななに屋の基本的スタンスは、 当時のカラー写真なんてあてにならない。 色の記憶はアテにならな
い。 当時の技術でも今の技術でも、ぴったり同じ色にはならない(自動車の板金修理を考えてください)
でしょうか・・・・
というわけで、その機体の生きた時期で、雰囲気が良くて、赤ければ 日の丸オケーなんであります。

この零戦は自分は思ったような色で行くというのが基本コンセプトなので、悪しからず(^o^)




2007/10/6  14:44

投稿者:技術ナシオ

はじめまして。
ゼロセンの日の丸は「ミスターカラー・モザンレッド」に近い色で塗られていたと模型好きの祖父(戦時中飛行場勤務)がいってました。

http://green.ap.teacup.com/zerosenn/

2007/9/28  20:26

投稿者:nananiya72

日の丸の赤と警戒線の赤、帯のあか、数字の赤

旧海軍機はみな同じ赤だったのでしょうか・・・ギモン

一説によれば、機体の日の丸の塗装には特別の職人が担当したとか・・・・

工廠や部隊で施される塗装とはクォリティが違ったりしたかも・・・・などと考えるとキリがない。

2007/9/25  2:26

投稿者:ラッキーユダヤ

やっぱり零戦、「日本の飛行機」ですね(笑)
日の丸の色合はおかしくないと思うんですが。

機体の色合と相俟って薄く見えるのでは…?
ケータイの画像なのでお許し下さい(笑)




http://wave.ap.teacup.com/showa-club/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ