杜の言の葉

マイペース家族が軽井沢の片隅で
繰り広げる生活の断片を気ままに綴ります。

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ryou
cassiopeamさん、話題を掘り下げて頂き有難うございます。建築も文化までつながって行き面白いです。
投稿者:ryou
ykoさん、内山節氏の講演は大変に興味深いものでした。この話題もそのときのお話から発展させています。


>深山荘はポツダム宣言受諾発信地を忘れないという意味で保存したい

軽井沢では、お安い出物を買い求める事も楽しいのですが、歴史を背負った建物で当時に思いをはせる時間を持ってもいいものです。
投稿者:cassiopeam101
盛り上がっていますね。植民地文化論、賛成!そもそも平城、平安の条里制も中国からの輸入文化です。固有文化はカナ文字の女房文化、和歌・物語文化、源氏物語でしょうね。
竪穴住居に壁をつけて、屋根を持ち上げると茅葺の民家になりますね。
西欧近代文化、ルネサンスは何処から来たかはアラビアということは良く知られています。スペイン南部にはその面影が色濃く残っています。
EU統合でそこらの見直しまで視野にあるのでしょうか?アラビア文化圏の性急な巻き返しに他の世界はどう対応するのか?などなど話題は尽きないと思います。

http://cassiopeam.exblog.jp/
投稿者:yko
深山荘はポツダム宣言受諾発信地を忘れないという意味で保存したいという方が多く、私も署名しました。内山節氏にもお知らせしたい!!
投稿者:ryou
GIGIさん、確かに軽井沢の町は住宅展示場ですね。
そして、フェイクはあっても本質が感じられない気がします。○○風というものばかり。

まさに軽井沢町舎自体にもビジョンが見えません。


>町には子供が必要。年の時間形成を時間として繋げていく、また引き継いでいくところに子供存在がある。

時間の流れを受け持つ世代が必要でしょう。
投稿者:ryou
monejiijiさん、明治維新から土着的なことは政府を挙げて廃止しようとしました。
そのあとに軍国主義という道に走り、第2次世界大戦で敗北。
そして、頭からつま先までアメリカを押し付けられ、ますます日本文化は風前の灯です。
夏の軽井沢では、手足の短いジャガイモのような顔をしたモンゴロイドが、手足の長い鼻筋の通った西欧の犬を散歩させている滑稽な光景が繰り広げられています。
投稿者:ryou
ta_tsuさん、確かに景観条例の中身を見れば希薄ですね。


>小諸や、峠をくだった倉渕村とかには、暮らしが築いた集落の景観美が

南牧村もきれいな街並みです。新しいものも贅沢なものも何もありませんが街並みが揃っています。軽井沢と比べものになりません。


>深山荘や三笠の建築物を軽井沢の代表例とするならば、それは植民地文化と同じ輸入されたスタイルですよね。

古い洋館は私、好きなのです。
神戸の洋館がそうだったのですが、2×4なのに日本の職人が柱を臍組みで入れたりしているのです。ただ押し付けられただけでなく自分達で咀嚼してそれなりのものにしています。
構造だけではなく意匠も同じだと思います。旧三笠ホテルだって数奇屋の失敗した様な意匠が見られます。
そして、時間とともに劣化していないのです。磨かれているのですね。時間に負けない。


>難しい土地だとつくづく考えさせられます。

この土地と長く付き合おうというような、土地に居る人の死生観の見えない景観ですね。
投稿者:GIGI
まさに住宅展示場といった様ですね。なんでもあり、だけど景観としては何にもない。
やはり軽井沢は町として、どう町並みを形成して行くかの骨子をしっかり形成する必要があるのではと。50年後、100年後の町がどうなっているのか、またどうあってほしいのかという大きなヴィジョンが必要では。雲の上の話ばかりではしょうがないけど…。
観光地という特殊な性格を背負わされている町、どこもこの問題が取り上げられている。
町には子供が必要。年の時間形成を時間として繋げていく、また引き継いでいくところに子供存在がある。子供がしっかりと育つ町、ここに町の価値を継承できるヒントがあるのでは。資本主義が許す価値観より、その本質を求める資本主義であって欲しい。
しっかりとした軽井沢スタイルの形成が望まれるのでは。
投稿者:monejiiji
年齢地理学、時間蓄積知りませんでした。日本はこれから、100年もたつと時間蓄積は観光地だけになってしまいそうですね。わびさびの文化は完全になくなってしまったのでしょうか、文化の継承が途絶えていくとしたら、我々の責任でもありますね。子供達に伝えていかないと・・

http://monejiiji.exblog,jp/
投稿者:ta_tsu
景観規制を読んでいて思うのは、軽井沢には人の営みとしての集落の景観が希薄だということですね。美しい町というスローガンがどこか某総理のスローガン同様薄ら寒いのはそのためかと。

すぐおとなりの小諸や、峠をくだった倉渕村とかには、暮らしが築いた集落の景観美が自然形成(時間蓄積ですね)されているのに比べると、なんとも軽薄短小なんですよね。

深山荘や三笠の建築物を軽井沢の代表例とするならば、それは植民地文化と同じ輸入されたスタイルですよね。

難しい土地だとつくづく考えさせられます。

http://runabout.air-nifty.com/hanare/

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ