杜の言の葉

マイペース家族が軽井沢の片隅で
繰り広げる生活の断片を気ままに綴ります。

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:番頭
松代にある真田家由来の文武学校を建築塾で視察に出掛けたときの事です。
山辺氏は靴下のまま縁側から降りて、
「あ〜、そうだそうだ!」
と縁の下を覗き込んでおります。
我々も続いて覗き込む。

一般観光客からすれば、この、おっさんの一個団体は何?の視線。
投稿者:番頭
cassiopeam101さまありがとうございます。

山辺氏、建築雑誌ではご常連の構造家であります。ご専門も構造設計、固そうでしょう。私のお会いする前の印象もまさにその通りに想像しました。

蓋を開けたら少年の様な構造に対する取り組み、ご自分が一番に楽しまれているかのご様子。(失礼な表現かな)
ヤング係数の測定でありながら、大工の木取りの場合とその反対、または、高温乾燥材と天然乾燥材に条件を掘り下げての測定。
山辺氏は何度となく行なった実験と思いますが、材料一本一本、些細な変化をも見逃さない雰囲気で観察なされお楽しみのご様子。
教わる方だって熱くなります。
投稿者:cassiopeam101
私はヤング率って習いました。理学と工学は違うなァ。でも、勉強は良いですよ。楽しい勉強が大切です。楽しければ一生懸命やる。先生が楽しくて、楽しさを教えられると良いですね。そうなっているのかなァ、なんて勝手に想像しています。

http://star.ap.teacup.com/cassiopeam101/

カレンダー

2020年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去ログ

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ