杜の言の葉

マイペース家族が軽井沢の片隅で
繰り広げる生活の断片を気ままに綴ります。

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ryou
かしわさん、ざぶとんを有難うございます。
フィンランドにお詳しい方のご登場ですね。

>フィンランドはロウソクの消費量も世界一ですね。ロウソクってゼロエミッション。

現代の人々には「危ない!」といわれそうですが、たまにはロウソクの明かりでで夕食を食べるのもおつなものですね。

原子炉の問題を隠蔽した事件をラジオのニュースから流れています。究極の便利さを支える火は、ロウソクの比にならない危ないものですね。

投稿者:かしわ
あははは、ざぶとん一枚ですね。
ハイブリッド小型風力も廻していますが、風よりも大半の電力はソーラーが稼ぎ出していますね。風車は飾りレベル?
フィンランドはロウソクの消費量も世界一ですね。ロウソクってゼロエミッション。
投稿者:ryou
taZ8さん、早速に有難うございます。

>太陽光、ヒートポンプ

そうでしたか。
私、じつは密かに狙っている発電があります。taZ8さんの敷地も水路がありますので私のところ同等だと思うのですが、小規模水力発電を狙っています。
簡単に言うと水車。(皆さんこの計画を聞いて笑います)
小規模水力発電の普及率が高いフィンランドでは電気料金は基本料しかなくあとは使いたい放題です。
この事は発電装置に掛かる初期投資が軽微である事、ランニングコストが軽微な事の裏付けだと思います。

御影用水がさらに輝いて見える。

投稿者:taZ8
太陽光発電は、今の技術だとやっぱり導入コスト、ランニングコスト、廃棄コストがあわないなと私は自分で調べて思いました。ヒートポンプも寒冷地では、十分な熱量を稼げずヒートポンプの稼動時間が多くなってしまうことでランニングコスト(ハードの消耗も含め)がかかるので見送りました。

ただ、ryoさんが言われるとおり10年後には、もっと良くなっていると思いますんで、今回、深夜電力+灯油ボイラーを水周りと床暖房に使っていますが、熱源部分のみ交換できるような設計とし、ハードの耐用年数が終わるころに、その時点でのインフラに置き換えるつもりでいます。

カレンダー

2020年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去ログ

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ