杜の言の葉

マイペース家族が軽井沢の片隅で
繰り広げる生活の断片を気ままに綴ります。

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:番頭
cassiopeamさん了解いたしました。
我が家ばかりお先に新米を頂いて気が退けて居りました。
投稿者:cassiopeam101
番頭さん、お米送らないで下さい。師走の中頃には行けるでしょう。お米がなくて困っているわけではありませんから・・・。

http://cassiopeam.exblog.jp/
投稿者:番頭
cassiopeamさん、お米はお送りしようと思って居りますが、如何せんドタバタで失礼しております。

昔は、限られた条件下で人間の知恵が光り、今は、足りないもの(足りていても)は買ってくるマネーの力が光っていることでしょう。
力技ばかりで繊細な部分が見えなくなる。小さな幸せも感じなくなるのでしょう。

昭和の親父の小言でした。
投稿者:番頭
monejiijiさん、今年は畑にも手を掛けてやれずに、その姿は惨憺たるものでした。
さて、我が菜園の肥料は、枝葉のチップを米糠で発酵させカブトムシの幼虫が分解してくれたものです。
こういう肥料は即効性がありません。今、撒いても来年は効果がなく3年越しで効き目が出てくる様です。
なので、今流行の企業経営陣の様に、
「半年で結果を出せ!」
という場合はお話になりません。
そういう場合は、化学肥料が適切でしょう。
ただ、有機肥料の場合は地力全体を引き上げ、化学肥料は地力を引っ張り出す事です。
継続可能なおいしい野菜を供給できるシステムは、どちらか、お分かり頂けるかと思います。

化学肥料をくれたように作物が大きくならない農民の独り言でした。
投稿者:cassiopeam101
確か蓮華草にそういう働きがあったかと思います。田圃を春に掘り返す前には蓮華の花が一面に咲いていました。あの景色は、化学肥料が使われるようになって、消えました。monejijiさんの記憶を辿るとそうだったと思い出されるでしょう。


http://cassiopeam.exblog.jp/
投稿者:monejiiji
クローバーの役割、初めて知りました。
番頭さんの畑、土壌に配慮が、野菜に実っていますね。わが家も、連れ合いと、土作りがまだまだだね、と話し合っています。
小松菜、べか菜につづいて、ほうれんそうがそろそろです。

http://monejiiji.exblog,jp/

カレンダー

2019年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

過去ログ

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ