杜の言の葉

マイペース家族が軽井沢の片隅で
繰り広げる生活の断片を気ままに綴ります。

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:番頭
ykoさん、お返事が遅れまして失礼しました。

>県、町が扇平開発申請に対して受理せず

進んでいるのですね。
地球温暖化により天候が荒れ狂うようになりましたので、今回、私も現地を見て注意が必要な感じを受けました。


>古民家再生プロジェクト

面白そうですね。
是非、私も行って見たいと思います。



投稿者:yko
県、町が扇平開発申請に対して受理せずと伝えた事が明らかになりました。
古民家再生プロジェクトのお知らせをします。グリーンツーリズムの一貫として産学官一帯となり嬬恋村今井地区にある築200年の養蚕農家を修復事業が始まってます。東京の中央港学校の生徒さんが中心となり地元の大工さんも協力しておられてます。見学・差し入れ大歓迎とのことで行ってきました。栗の梁やカヤ屋根がいろりでいぶされていて見ごたえがありました。
投稿者:番頭
あの時も大変な雨でした。
事務所にある浄化槽の地下浸透パイプ、点検口を開けたら勢いよく地下水が上がってきたことを思い出します。地下水位が表土以上だったのでしょうね。


>買う人がいるのかなァ、と買い手が心配です。

昔は不動産屋さん間に紳士協定のようなものがあって「あの地域はねぇ」という空気でしたが、今は例のインサイダーコンビの様に、人を出し抜いてでも我勝ちにの空気が強い気がします。
そうなると購入側が目鼻を利かせなくてはなりませんね。
「土地に聞き、空気を見る。」
自然を相手に「我勝ちに」のは一歩も利きませんのでね。


投稿者:cassiopeam101
番頭さん、今年は梅雨明けがいつになるのか予想もつかないようで、天気予報士も外れるのを恐れてか、黙っているようですね。かなりの異常気象になりそうです。我々が山小屋を建て直した5年前も9月中旬に東信地区は大雨が降り、我々の田圃の直ぐ近くでは土砂崩れがあり、複数の方が亡くなられました。このように頻繁に大雨に見舞われるのですから、原のつく様な地名の場所は元来土石流が溜った地域でこれからもそうした恐れのある土地と知らされるべきなのでしょうね。流れの縁に急造の建売住宅があちらこちらに見られ、買う人がいるのかなァ、と買い手が心配です。

http://cassiopeam.exblog.jp/

カレンダー

2022年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

過去ログ

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ