杜の言の葉

マイペース家族が軽井沢の片隅で
繰り広げる生活の断片を気ままに綴ります。

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:番頭
ssはロッドに伝わる振動が情報としての命ですね。どこやらのハウスメーカーみたいに新人に道具を預けてやらせても意味がないことでしょう。
軽井沢の場合、浅間の焼石でSSが出来ない場合が多々あります。
なので私は表面波とSSの併用で調査して頂いています。

構造屋さん、今、一番有名な方はダメですよ。

投稿者:柏
おはようございます。豪雨も小休止中です。
地盤については事前に軟弱の情報があった為、真っ先にSS掛けました。周辺一帯似たようなもので、表層2mが使い物になりません。
SS業者もピンキリですが、より多くの地質データを持っている大手に依頼しました。傾斜地で半自動でのSSですが、SSのデータというより会社が蓄積している膨大な県内および周辺の地質データからの推測の方がよっぽどアテに出来ますね。
コストは安くありませんが所詮はSS、知れたものです。さすがに別荘地の傾斜地でボーリングまでは出来ませんでした。別荘の基礎ですし法的に構造計算を求められる訳でもないのですが、構造屋さんに計算してもらっています。
投稿者:番頭
かしわさん、おはようございます。
軟弱地盤の傾斜地、頭を悩める敷地ですね。
ここも地盤が良くありませんので表層改良が必要かと踏んでいます。配置が決まり次第に地盤調査の上、検討予定です。

2階に玄関ですか?
面白そうです。
桟橋とのセトリングの絡み、ひと工夫というところですね。

ログハウスの場合、屋根が遠くなることは致命的ですからトラッドな形が無難となることでしょう。
斬新に走るよりやはり日常メンテナンス性が大切ですね。

そう考えると、入母屋もしくは寄せ棟で下屋を四方廻した沖縄の民家のような屋根、完全武装型の台風銀座仕様なのですね。
投稿者:かしわ
こんにちは、ご無沙汰です。
こちらも軟弱地盤の傾斜地に苦しんでおります。斜度約20度、スキー場なら中級者バーン、基礎工事だけでもかなりの大事です。
法改正のお陰様で二階に玄関のあるログハウスになります。
方流屋根も検討したのですが、如何せん台風銀座ではセトリングに伴う桁部分の防水への不安から断念しました。
明日はプロの設計士との打ち合わせ、予算オーバーになるような基礎仕様が求められなければ良いのですが。

カレンダー

2020年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去ログ

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ