杜の言の葉

マイペース家族が軽井沢の片隅で
繰り広げる生活の断片を気ままに綴ります。

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:番頭
cassiopeamさま、おはようございます。


>木、石、コンクリート、鉄などで、冬も快適に住める小屋を建てたアイデア、工夫

使い易さ、考えられていますね。良くヒューマンスケールと語られますがまさにその通りですね。

'62年に竣工ですので、米松がバンバン入ってきていた時代にも係らず地場材を利用したこともその通りです。
安易に逃げれば米松で!というところですが、「地産地消」この土地周辺で採れるカラマツや杉を使用したのですね。

今回のご相談で、小さな森の家をフリーハンドでトレースまがいのことをしたのですが、部屋が低いのですね。そして、小さい。
それで、建築展で見た図面が時代をさかのぼるにつれて、寸法の単位が「尺」でした。これもその通りですね。

投稿者:cassiopeam101
小さな森の家:吉村順三著を愚妻が買い求め、山小屋を建てる時に凡夫が何となく、何処となく、参考にしました。二手橋を渡り、左に折れて、数百メートル先に現物があるのですが、流石に数十年の年月を経て、くたびれています。しかし、今のような優れた素材が安く入手できる以前に、木、石、コンクリート、鉄などで、冬も快適に住める小屋を建てたアイデア、工夫に感心しました。自然と融けあって快適に暮らしたい、と言う執念の横溢した建物であり、楽しい本です。借景を四季折々楽しむ、が信州の良い所と自然に感謝しています。

http://cassiopeam.exblog.jp/

カレンダー

2019年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

過去ログ

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ