杜の言の葉

マイペース家族が軽井沢の片隅で
繰り広げる生活の断片を気ままに綴ります。

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:番頭
cassiopeam101さまありがとうございます。
熱貫流率の方程式はあちこち氾濫しておりますので不便はしておりません。

暖炉の場合、部屋に対しての適切な大きさ、その他、各部位の大きさ・長さを簡単に求める事ができません。
煙ってしまう暖炉、焚けば焚くほど寒くなる暖炉では困りますので検討をしているところであります。

アクティブソーラーで家を難しくするより、パッシブソーラーで緩やかなほうが良いかな?と考えるこの頃です。
投稿者:cassiopeam101
番頭さま、ご無沙汰です。暖房の事は5年ほど前にちょっと勉強しました。その時に話は番頭さんにはしたような記憶があります。今度出掛けた時に時間を取って頂ければ、ゆっくりお話しましょう。

ポイントは熱伝導方程式を解けばよいのです、熱源入りの面倒なやつです。例えば、広い部屋に床暖を入れる、というのなら、一次元の熱伝導方程式になり、パソコンでも解けると思います。

近頃は大変優れた発泡スチロール系の断熱材があり、これで家をぐるりと取り囲むと、小火力のストーブで快適な生活が出来るでしょう。但し、窓にはサッシ、ペアガラス、真空ガラス、などなどの工夫、それから出入口には予備室を用意して、寒気がいきなり部屋に入らないようにする、などの工夫が必要でしょう。

東信、南信は冬日当りが良いですから、家の南側に温室のような部屋を作り、洗濯物を干したりすることが既にやられているようですが、夏はどうするか、冬余った暖気を床下に導く、などの工夫も燃費の節約になります。

http://cassiopeam.exblog.jp/

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

過去ログ

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ