2008/7/18

塗装スタート  バス関連

クリックすると元のサイズで表示します
↑突貫工事のつもりはありませんが…

今日は気分も乗っていたのでエアロスターの塗装をしてみました。自分としてはいつもより大分早いペースですねぇ。

塗装はいつもの通り。クリーム→赤の順で塗装していきます。さすがに4台目ともなってくるとある程度安定してきますね。初回の初代CNGバスに比べれば大分まともにはなってきましたが、不満もないわけではなく…。この塗装、観光型にも採用されたようで、いよいよ覚悟(?)しなければならなくなりそうです。
ちなみにこの後に塗装する金帯は未だに苦手科目。細いラインをきれいに入れるのはなかなか至難の業なのに、屋根でつながっているので更に難易度が高いのです。前回のブルーリボンもうまくいってないしなぁ…。

それと以前車体まで塗ってあったCNGバスもついでにタンクカバー&クーラーを塗装しておきました。こちらも金帯と黒の塗装のみ。どちらも難関な作業が残っております…。
0



2008/7/22  22:10

投稿者:超人未満Y

ううむ。今ミクシィの常連さん用エアロの仕込みで手が空かないのですが、なるべく早いうちに僕もエアロスターを組んで原因を解明します。多分僕が何かを禿しく勘違いしている・・・・・。

http://www.geocities.jp/tonbiprincipia/index.html

2008/7/22  19:25

投稿者:木ねじ

返信送れてスイマセン。
先日はお疲れ様でした。今後ともよろしくお願いします。

さて、屋根板はt1.3指定ですか…。実はあの車、1mmでも板厚が厚かったのでフロントの部分はかなり無理して処理していた(段差を無理やり削ってならしているので前に向かって勾配が付いている)のですが…。確かにリア側はどんぴしゃで接合できましたけどね…。そうすると自分の中でますます原因が分からなくなってきました(汗)
組み方が悪かったのかなぁ?もう一度確認してみたいと思いますm(_ _)m

http://mokunezi.hp.infoseek.co.jp/

2008/7/21  21:00

投稿者:超人未満Y

 昨日はおつかれさまでした。お土産ありがとうございます。
 拙作MP3エアロスターのパーツで木ねじさんが指摘された要改善箇所をチェックしました。
 前面パネル形状については少しカッターを入れ両隅のコーナーエッジをヘッドライトに少しかかるよう内側に削ります。複製品でテストしてみたところ良好な印象となりました。
 なおドア関係パーツについてですが、数値を確認しましたところ前・中ドア共、天地寸法はあっていました。これは私がちゃんと指定しておかなかったのが悪いのですが天井板は1.3mm厚使用を前提にしております。(うちの場合は雨樋に0.3mm厚プラ板を貼り付けているので実質1.6mm)GMエアロスターやエアロクイーンはかなり天井が薄く木ねじさんが作られたのと同じ1mm厚程度になっていますが、バスコレMP2でも1.5mm厚以上(ノギスで計測)。西工58・96MCでは2mm。一番天板が薄い日野ブルリでも1.2mmあります。
 中ドアや非常口は雨樋のモールドをつけませんでしたが、その分前ドアより0.3mm天地寸法が短くなっています。説明や解説不足でご迷惑をおかけいたしました。その他指摘された点も踏まえ改善を行っていきます。


http://www.geocities.jp/tonbiprincipia/index.html

2008/7/19  21:11

投稿者:超人未満Y

やはり塗装すると雰囲気が一変しますな。
ライトとかに色が入るとぐっと良くなりそう。
エアロスターにこの北鉄塗装はよく似合いますよ。ホント。自分も早く作りたいけど。


http://www.geocities.jp/tonbiprincipia/index.html

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ