2007/5/22

エアロキング設計中〜  バス関連

最近、1日中CADと格闘して(といっても研修中…)いるねじですが、家に帰ってもまだ設計しています。自分でも呆れちゃいますが〜。

クリックすると元のサイズで表示します
↑エアロキング設計中〜。何か違うような…。

ということで、今日はエアロキングの顔を描いておりました。描いている途中、何回もエアロキングの写真と見比べて印象がずれてないか、バランスはどうか、といったことを確認していきます。とりあえず、側板は一番最初に描いた状態よりもまだマシにはなってきたように思うのですが、いかがでしょう?(ぶっちゃけフロントガラスはもっと傾斜していてもおかしくないような??)

自分としては、各所の寸法を重視するよりも、なるべく全体的な雰囲気をはずさないように設計、製作しているつもり〜なんですが、これがなかなか難しい作業でして…。この前のスペースウィングももっと丸いイメージだったのですが、出来上がってみると、平べったく間延びした顔つきになっちゃったんですよねぇ(後からドア上の窓ガラスの形状が実物と全然違った事に気づいたのですが…)

今度はよりイメージに近づけれるようちゃんと頭の中でイメージを作ってから製作に望みたいところです。そのために今、設計の段階でイメージをしっかり固めていかねば!
1



2007/5/25  1:04

投稿者:木ねじ

どうも〜。仰せの通りMU525系です。顔は結構丸みがあるとのこと。ご教授ありがとうございます。またフロント周りの角度ですが、1階席窓の傾斜とドア窓(というかドア)前後部枠の傾斜は同じみたいで、フロントの傾斜を間違えるとフロント周りの傾斜全てに影響してしまうので注意が必要ですね。

ちなみに3Dのドローソフトはないわけではないのですが、3DCADだと3次元の絵をそのまま簡単に3面図に起こせるのが魅力的なんですよねぇ(単なるめんどくさがりや)。

2007/5/24  2:59

投稿者:しんのすけ

これってAeroQueenMに似た顔のMU525系ですか?このタイプの顔は僕も実物見たこと無いので何とも言えませんが、ウチの画像データ郡で見る限り、バンパー部分は結構丸いみたいですね。

少し違うかもしれませんが、手持ち書籍にあったMU612TAの前面左右柱(第1柱)の傾斜を分度器で測ったところ、80度ぐらいでした。前面ガラスは傾きが第1柱より少し寝ていて、屋根に近づくほど扁平になっているようです。

あと3D-CADではないですが、3Dポリゴン作成用のフリーソフト使うのはどうでしょう?RailSimのデータ作成によく使われる「Metasequoia」とか…CADと違って数値入力が面倒なのが難点ですが。(^_^;

http://www.i-chubu.ne.jp/~mts7665/

2007/5/24  0:05

投稿者:木ねじ

早速のアドバイスありがとうございます〜。

やはりフロントは丸すぎますよねェ。最初は前ドアの形状を間違えていた(もうちょいねかしても(傾斜をつけても)いい気がしますが…)のですが、それにあわせてフロント部分の形状を決めていったので、うまく傾斜つけれてなかったみたいですね…。早速修正せねば。

ちなみに呉羽ボディのキングはフロント部を上から見たときのR具合が微妙(というか写真でしか見た事がないのですけど…(滝汗))で、バンパー部が丸く見えるときもあれば、平べったく見えるときもある〜などイメージをつかみきれていないのですよねェ。

こんな時に3次元CADがあると印象把握も幾分楽になるのですが、さすがに会社のやつを使うわけにはいかないし…。

2007/5/23  1:59

投稿者:トンビぷりんきぴあ

修正です。
>>横から見たガラスのラインが屋根からバンパーまで直線に近い緩めカーブで降りてきています。

↑これは実車の方のことです。設計図の方のガラスラインが丸すぎる感じがいたしました。

http://www.geocities.jp/tonbiprincipia/index.html

2007/5/23  1:53

投稿者:トンビぷりんきぴあ

本格的に設計開始ですね。写真を見て気づいたことをいくつか・・・・・。
やはりもう少し傾斜があってもいい感じに思えるのと、横から見たガラスのラインが屋根からバンパーまで直線に近い緩めカーブで降りてきています。図のようにあまりキツいカーブラインをつけない方がいいでしょう。(フロントガラスは恐らく平面透明プラ板から削り出されるかと思うのですが、カマボコ状に削るだけで良さげです。)
 あと屋根のおでこですが、フロントガラスにやや垂れ下がった形状で、設計図のように横からみて一直線にはなっていないはずです。
 製作に入ってからの修正だと大変ですので、いまのうちに言っておきますね。

http://www.geocities.jp/tonbiprincipia/index.html

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ