2006/4/26

研究〜  日々生活

今日も研究〜。ねじの研究テーマは電車の脱線の解析なんですが、高速走行時のデータも必要でしょう〜ということで、院生立会いの下、模擬台車を使っての高速走行実験を実施しました。

しか〜し、ただ高速で台車を転がせばいいというもんでもないんですねぇ。線路はギリギリの距離しかないし、終端部にはレーザー変位計がついているので接触したら、破損して大変なことになりかねません。ということで、寸止めですよ、要は。

で、院生のやりかたを見てましたが、これは心臓に悪い…。レーザー変位計との距離が5cmくらいしかない…。ちなみに車止めをつければ〜?なんて思う方もいるかもしれませんが、それはムリ。今度は計測機器を積んだ台車に接触して大変なことになりますorz

まぁ今後、いろいろと条件を変えてやらなきゃいけませんので、細心の注意を払ってやるしかなさそうですね。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ