2019/7/26

KATO115(113)系旧製品の先頭カプラーを現行仕様に  完成品の加工

国鉄型近郊電車の115系、KATOからは1000番台が長らく売られていましたが、0番台の製品化を皮切りに300番台、そして1000番台のリニューアルを以って現代仕様のスタイルに生まれ変わりました。
しかし旧製品も比較的安価な価格と、なによりロングセラー製品だったこともあって、まだお持ちの方も多いのではないでしょうか??
リニューアル製品が出たからといって旧製品を処分するのももったいない…今回は特に見劣りのする先頭の連結器周りを、KATOの密連型カプラーを使って現行仕様に加工してみたいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
↑いずれも左が加工後、右が加工前。プロポーションが改善していることがお分かりいただけるでしょうか?

まずは材料です。いずれもKATOの現行製品に使用されているものをASSYパーツで揃えました。
・カプラー(740681C3)
湘南型の先頭部用カプラーならば問題ないかと思います。今回はクモハ165用を使いました。
・スカート(黒:Z04L8642 グレー:Z04-8642)
1000番台用を選択します。現行製品は番台別に作り分けがされているので間違えない様にしましょう。
・胴受パーツ(Z04-7536)
300番台用と共通部品ですので、間違えないようにします。

加工は色々と検討した結果、写真の様に床板ではなくライトケースで支持することにしました。
クリックすると元のサイズで表示します
↑こんなイメージ

まずは床板を加工します。下図の青い部分を切欠きます。
クリックすると元のサイズで表示します

カプラーのツメや突起をかわす為の穴と、スカートを取り付けるための切り欠きを設けますが、カプラー用は特に前後方向の位置がこれで決まりますので慎重に。スカート取付用の切り欠きは前後左右共にここで位置決めされるので、調整しながら加工していきましょう。なおスカートの取付には床板の厚みが不足しますので、t0.25の帯板を床板上面のスカート用切欠き前後に接着して厚みを稼ぎます。

クリックすると元のサイズで表示します
↑加工後の床板

ライトケースの本体は下図の様に加工します。
クリックすると元のサイズで表示します
床板に比べれば加工箇所はしれてますが、前述の通り、車両中心でカプラーのツメが引っかかる様にしないといけませんので、慎重にいきましょう。また、材質が柔らかいので刃が滑って余計なところを切らない様に注意します。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
↑加工後のライトケース

レンズを支持しているパーツについては干渉部の逃げを作る必要がありますので、こちらは写真の様に加工。図がないことから分かる(?)様に現物合わせで干渉するところを切り欠いていきました。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
↑加工後のレンズ支持パーツ

パーツの加工が済んだら、各パーツを元通りに組み付けていきます。
カプラーの先端部にあるT字型の突起は少し長さを詰めておきましょう。そのままだとボディに干渉してうまくハマりません。カプラーのツメがちゃんとライトケースに噛んでいることを確認したら床板とボディを合体させて作業完了です。

…ということで、少し手間ではありますが、連結器周りの現行化が出来ました。胴受パーツをはめれば実感的な顔つきに。さらに台車を交換せずとも連結出来るようになってなかなかよいのではないでしょうか^^

クリックすると元のサイズで表示します
↑ついでにクハはジャンパ栓のモールドを除去しておきました。

クリックすると元のサイズで表示します
↑連結ももちろん可能
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ