2018/9/12

JR九州のキハ40日南色を作る A  キハ40日南色の製作

キハ40日南色の続き、次は加工箇所です。
ちなみにほとんど加工中の写真は撮っておらず…(恥) ですが、そんなに複雑なことはしていません。

まずは欠損部の対応を考えます。

・床下周り一式→どうすることも出来ないので、大人しくASSYパーツを調達しました。
・ライトユニット→同じくASSYパーツを調達。
・前面窓ガラス→トレジャータウンからタイミングよく発売された(TTP901-01)のでコレを利用。デフロスタ表現も無くせるので、都合が良かったです^^
・ライトケース→片側紛失していたので、やむなくプラ板から自作することにしました。残ったライトケースから採寸の上、t0.5のプラ板で組み上げます。ライトユニットに嵌り、かつボディにも嵌り、さらに光漏れもしない、、という性能が要求されますが、最終的に現物合わせのラフな工作になってしまいました^^;

クリックすると元のサイズで表示します
↑ライトケース正面

クリックすると元のサイズで表示します
↑ライトケース裏側

・ヘッドライトレンズ→元のものは欠損して使いようがないので、銀河のレンズ(N-081)をはめ込みました。
・テールライトレンズ→残念ながら一個紛失していたためにライトリムを切除し、銀河のパーツ(N-020)に置き換えました。結果的にリム自体も薄くなって印象が良くなり、正解でしたねー(この後に導光が出来ずに大変な目に合うのですが…)

ここまで出来たら、今度は日南色の仕様にする作業。
実車写真を見るに、キハ40-2147は側面のグリルも残っているようなので、プロトタイプをコレに選定し、乗務員扉横のタブレット保護板を削り落としておきました。またタイフォンも製品と異なるスリットタイプなので、TOMIXのキハ40用タイフォンパーツに置き換えています。
トイレタンクは撤去している車両もある中で、プロトタイプはまだ存置しているようなので、そのままとしました。さらにKATO製キハ40のネックでもある両端に幌がついた状態を改めるため、トイレ側前面の貫通扉周りにタヴァサの幌枠(PN-604A)を接着しています。

以上で生地は完成。残りは塗装とデカール貼りですね〜。

クリックすると元のサイズで表示します
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ