2014/11/22

キハ185系ディテールアップ  鉄道関連

久々の更新〜。
前回の投稿から少々いろいろとありまして、模型どころではない状態になってました^^;
実は"いろいろとあった"中に転職〜引越しと少々大きなイベントがありまして、本州住まいから四国の人となりました。
そうなるとですね〜やっぱり気になるわけですよ、四国の車両が…^^;

とはいっても有名どころはマイクロエースが大体製品化しているので、頑張って探せば意外と集まってしまうものなんですけどね。便利な世の中(?)になったものです^^;

〜で、今回のネタは唐突にキハ185系のディテールアップです。
マイクロエースから完成品が発売されているキハ185ですが、マイクロエースの悪いところというか、連結器周りがスカスカで気動車としては締まりのない顔つきになっているので、改善を試みてみました。

クリックすると元のサイズで表示します
↑連結器周りに注目〜。ハナからTNカプラー等への換装を意識してるのか、だいぶチープな印象…。

使いますのはGM製キハ141用のダミーカプラー用胴受パーツ。
エアーホースやジャンパー栓などもモールドされていて使い勝手がよさそうなシロモノです。GM the storeでパーツ購入してきました。

クリックすると元のサイズで表示します
↑少し加工します

ただそのまま使うことはさすがにできないので、チョットだけ加工を施します。
上の図の通り、ジャンパ栓を一個撤去し、ホースも一か所切り離して外側に曲げ拡げておきました。

クリックすると元のサイズで表示します
↑スカートもちょい加工

クリックすると元のサイズで表示します
↑元のダミーカプラーパーツも当然加工…

後は元々のパーツも少々加工を施します。まぁ大したことない内容ですねぇ^^

クリックすると元のサイズで表示します
↑位置を調整して接着! 完成〜

後は胴受パーツと加工した元のダミーカプラーパーツを接着すれば作業完了〜なんですが、実はこの接着する行程が、今回の工作で一番気を遣う作業だったりします^^;
中心を揃えるのはもちろんなんですが、前後方向も注意しないとスカートパーツが取り付けられなくなりますので、スカートを含めた仮組を十分に行って位置決め→接着固定となりました。

クリックすると元のサイズで表示します
↑ディテールアップ後〜

うん、やっぱり気動車はこうじゃなきゃ^^
四国に在籍する現行のキハ185は連結器等がグレーに塗られているので、機会を見て塗ってあげてもよさそうですね。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ