2009/12/30

電車も大掃除(その2後編)  鉄道関連

それでは動力台車編後編です(疲れた)。

ちなみにこの一連の作業、ねじは電車の運転が終わってケースにしまう前にいつもやっています(踏面の状態がよさそうならやらないでしまっちゃうこともありますが)。なので年末にまとめてやることはまずありません(滝汗)
今回のネタになった189系もちょうどジャンクで買ってきて整備中だったので写真がうまい具合に撮れたというだけでして…。大掃除と絡めて〜なんて言ってたやん!と石が飛んできそうですが、許してください。4ケタもある保有車両の状態確認を年末にまとめてする気になんてなれません(爆)
最近は常にいい状態をキープしておくよう留意していますが、そっちのほうがある意味管理が楽なんですよね〜。整備済みか未整備状態か判別しなくてよいので…。そのうち実物みたいに車両の管理状態を把握するためのシート作ったりして…。

……いや、それはさすがに冗談で終わると信じたい…。


クリックすると元のサイズで表示します
Hまずはウォームを台車枠に組み込みます。軸受メタルの位置に十分注意しましょう。時々やらかすのは写真右側のメタルを枠の外に組み込んでしまう(「組み込む」とはいわないかな…)事があります。それでは構造上意味がないので注意しましょう。

クリックすると元のサイズで表示します
I車輪を台車枠に組み込みます。ゴムタイヤの位置に十分気をつけて組み付けましょう。分解してないもう一方の台車を参考にするのが確実だと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
J車輪を組みつけたらギヤBOXも組み付けます。これで動力台車は完成〜。動力ユニットに組み付ける前にシャフトを手で回してみて車輪がスムーズに動くか?引っ掛かりはないか?確認しておきます。

クリックすると元のサイズで表示します
Kやっと動力台車を動力ユニットに組み込みますが、その前に動力ユニットのカバーを外しておきましょう(分解組み立てに慣れている人なら外さなくても大丈夫ですが…)。爪の位置が分かりにくいですが、大抵は台車の横、カバーの外寄りにあります。カバーをすこし押しながら持ちあげると取れると思います。

クリックすると元のサイズで表示します
Lモーター側のカップリングにシャフトをはめてから台車を動力ユニットにとりつけます。シャフトは前にも書いたとおり、モーターからの動力を台車に伝える大切なパーツですので、確実に双方に接続されていることを確認しましょう。

クリックすると元のサイズで表示します
M後は元の通りボディをはめて組み立て完了です。最後にギヤオイル(ユニクリーンオイル等)をさして整備完了〜。試運転をしてみましょう。試運転をするレールの掃除は忘れずに(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
補足〜 DCCフレンドリー対応の動力ユニットはカバーの固定方法が異なります。カバー底面に刻印されている矢印の方向にずらして外す構造です。まぁこの辺は説明書にも記載がありますので…。

ということで、4回に分けてだらだらとご紹介させていただきましたが、いかがだったでしょうか?本当は以前みたいにトレーラー車輪だけで購入できるとありがたいのですが、まぁこればかりは仕方ないところ。その代わり代替の利く他形式の台車を探してみたり、模型の構造を観察したりすれば模型いじりの新しい楽しみになるかも?

ちなみに慣れてくると、中古屋さんでジャンク品漁りを楽しんだり、模型から実車の事を知ったりといろいろ楽しめると思いますよ〜。

模型もせっかく買ったのですから、大切にして末長く楽しみたいですね。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ