2009/12/30

電車も大掃除(その1後編)  鉄道関連

お待たせしました。その1後編、トレーラー車両の台車組み立てです。
いってみましょう〜。


クリックすると元のサイズで表示します
I組み立ては簡単。まずは写真のように集電板と車輪を保持します。…が写真を撮ってから間違いに気付く…orz 写真のように集電板のベロ(床板に通電させる板)を上に向けて持つと後で台車枠を入れにくいです。ベロが下になるように保持しましょう。集電板が逆T字型ではなく、T字型になるように持てばOKです。

クリックすると元のサイズで表示します
J台車枠を下からはめます。写真のようにベロを台車枠の穴に通してしまえば集電板から手を離してもばらばらになることはなくなります。あとは一軸ずつ車輪を押し込んで組み立て完了です。Iの写真のように持って、上から台車枠をはめると集電板が自重で車輪もろとも落ちますので残念な結果に…。まぁちょっと考えれば当たり前のことですよね(汗)

クリックすると元のサイズで表示します
K組み立てできました。手で車輪を回してみてスムーズに回るか確認しましょう。基本的には回るはずです。うまく回らないときはきちんと組み立てれていません。ちゃんと台車枠の軸受に集電板がはまっているか?集電板の軸受に車輪がはまっているか?確認しましょう。TOMIXの旧集電方式の台車は時々集電板が変な所にかみこんでしまうので要注意。
後はばらした時の逆順で、床板に固定→床板とボディを合体〜で作業完了です。

クリックすると元のサイズで表示します
補足1 最近のKATO製品でDCCフレンドリーに対応した車両は台車の固定方法が違います。説明書にもある通りひねって外すのですが、ちと固い…。自分は台車を持ちあげつつひねって外してますが、壊れそうで怖いんですよねェ(何十回とばらしてまだ壊したことは一回もないのですが…) 壊れたら台車ごと(もしくは床板ごと)交換しかないのでちょっと緊張しますが、何回かやってみて力加減を身につけるしかなさそうです…。

クリックすると元のサイズで表示します
補足2 それから先の分解方法はほかの台車と同じ。ただし集電板は従来品のものよりも薄いので取り扱いには要注意です。曲げてしまうと車輪の転がりやサスペンション機能、集電性能に影響を及ぼします。…えぇ、自分体験済です(泣)

ということでトレーラー車両についてはこれで終了。今度は動力車の清掃作業についてご紹介したいと思います〜。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ