2009/1/30  21:56

CLANNAD〜AFTER STORY〜 第13回 卒業  ブログ
秋生に話をしに古河家へ訪れた朋也。
が、秋生は不在だった。
早苗さんと話す朋也。
右手に巻かれた包帯が痛々しいな。

早苗さん、新開発のパンを朋也に食べさせるため席をはずす。
と秋生帰宅。
朋也「また野球か?」
秋生「ちげーよ。てめぇこそ何してやがる」
これは例の場所に行っていたと捉えてよさそうだ。
朋也「電話しただろ、話があるから顔を出すって」
秋生「いちいち大げさなんだよ、パンを買うぐらいでよ」
朋也「パンを買いにきたんじゃないんだけど」
秋生「わりぃが、いくら娘の彼氏だからって割引にはしねぇぜ?
   あえて倍額だっ!しかし早苗のパンは別だ。あれなら定価で売ってやる」

クリックすると元のサイズで表示します

早苗「わたしのパンは…わたしのパンは……
   定価だったんですねーーっっ!」

クリックすると元のサイズで表示します

秋生「まっ待て!定価で売るならいいんじゃねーのか?!」

クリックすると元のサイズで表示します

秋生「俺は大好き──」
朋也「おっさん!」
いつものように早苗を追いかけようとする秋生に、大事な話があると告げる朋也。
「今日から、おまえのパンは1つ一万円だぁーーーっ」はカット。

クリックすると元のサイズで表示します
秋生「ほう、俺に話か。だったら…」

クリックすると元のサイズで表示します
秋生「真剣勝負だ」



クリックすると元のサイズで表示します


野球対決。
ついに来たか。
クリックすると元のサイズで表示します
秋生「俺はこの界隈じゃパンを焼くサイヤングと呼ばれた男だ。時速170キロのストレート、受けてみよっ」
野茂がサイヤングに、160キロが170キロに変更。
前回のベーブルース然り、死んだ人物じゃないとまずいのか?
朋也の(プロへ行け)モノローグはなし。

秋生「まっ、ホームランまでは要求しねえ。ヒット性の当たりならいい。ボテボテのゴロやトップフライじゃなきゃ、てめーの勝ちにしてやるよ」
どうでもいいがポップフライだからな。
DVD版では修正されてることを祈る。買う気はないけど。

朋也「本当にそのルールでいいんだな?」
秋生「ああ、てめーが勝ったら話を聞いてやろう」
朋也「聞くだけじゃねぇ。俺の言うことを無条件で了承しろ!」
秋生「……いいだろう。おまえが勝ったら何だってオーケーしてやる。ただし、俺が勝ったら聞く耳持たねぇ。それでいいな?」

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
朋也、あっさり敗北。
秋生「はっはっはっ!またやりたくなったら言ってこい」
ぶっちゃけ1話を見る限り、アッキーの球は140キロオーバーしてますw
そりゃ打てねえわな。

翌日(?)、休憩時間に素振りをする朋也。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
芳野「さっきから何してる?」

クリックすると元のサイズで表示します
朋也「人生をかけた戦いが、あるんですっ!」

クリックすると元のサイズで表示します
芳野「はぁ?」

そして迎えた二度目の勝負。

クリックすると元のサイズで表示します
秋生「落差1メートルを誇るフォーク、受けてみよっ」
朋也(プロへ行け)
原作では初対決のときにこれはやってるので、ここでは大リーグへ行け が入る。

クリックすると元のサイズで表示します
またも敗北。


クリックすると元のサイズで表示します
秋生「何でこんな雨の日にまで戦わなきゃいけないんだよっ」

三度目の勝負。

秋生「何遍やっても同じだぜ?これで最後だ」
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
秋生「勝てねぇーよ。それぐらいの力の差があんだよ、てめーと俺様には」

クリックすると元のサイズで表示します
朋也「知ってるんじゃないか?あの人。何か今、言われた気がしたんです。おまえはまだ子供だ、誰かを守るなんておこがましい話だ って」

早苗が帰るように促すも、
朋也「俺、ここに残りますよ。力に差があるんなら、後は熱意しかない」
練習するという朋也。渚も離れて見守っていた。

オッサンの投球を頭に描きながら、俺は素振りを続けた。
二度とすることはないだろう、野球。
今だけのために。
たった一球だけのために。

明くる日の休憩時間。またも素振りをする朋也。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
この芳野さんいいね。


秋生「よく降りやがるぜ、秋の長雨ってやつか?
   これが本当に最後の一球だ。いいな?」

四度目の勝負。
秋生「すんげぇ雨だな、おい」
朋也「ああ」
秋生「ボール、見えるか」
朋也「きっと縫い目まで見えるよ」
という素晴らしいやりとりは残念ながらカット。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
朋也ホームラン。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
バットを投げ捨て、秋生の元へ走る朋也。
…そして

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

「渚を俺にくださいっ!」

うーん青春だ。いいねぇ。
朋也「その…答えは…」
秋生「おまえ、自分で言ったことも忘れたのか。
   勝負に勝ったら、自分の言うことに黙って頷けって言ったじゃねぇか。
   それを聞いた直後に俺は頷いてんだよ、馬鹿っ」
この素晴らしいやりとりもカット。
ちょっと、野球対決の2大テキストカットってどういうことw
これじゃ彼女の父親相手に「無条件で了承しろ」とか言っちゃった朋也が救われないじゃないか。

秋生「……渚に何かあったら、いつでも連れ戻すぞ」
クリックすると元のサイズで表示します
朋也「えっ?それじゃあ…」

早苗「朋也さん。渚はわたしたちの夢です。そして今日からは、朋也さんもわたしたちの夢です。ふたりの幸せが、わたしたちの夢なんです。だから、幸せになってくださいね」
クリックすると元のサイズで表示します
早苗さん、いいこと言うな。


クリックすると元のサイズで表示します
クリスマス。
だんご2匹目。

クリックすると元のサイズで表示します
まさかの正月酒イベントきたw
渚酔うの早いよ。アルコールは後からくるってのに。
クリックすると元のサイズで表示します
これは絡んでます。悪酔いってやつだ。
二十歳の渚が19の朋也に「19歳はまだまだ子供」みたいなこと言うやつはカット。
結構好きだったんだけどなぁ。

クリックすると元のサイズで表示します
早苗さんも飲んじゃいましたw
そして酔っちゃいましたw

秋生「早苗の胸はでかいぞ」
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
ゴツッ

焦りからコタツに頭を打つ朋也。
しかしここまで早苗さん好きな朋也を描写しながら早苗ルートなしですか、そうですか。

クリックすると元のサイズで表示します
そして絶叫w

クリックすると元のサイズで表示します
3学期に入ると、渚はまた体調を崩した。
ここでも渚が倒れた原因がばっちり描写されてました。

クリックすると元のサイズで表示します
9話で気づいたけど、渚は髪どめないほうがかわいいよね。
もう出席日数は足りてるようで、4度目の3年生はないようです。
これはやっぱり早苗さんから聞きたかったよなぁ。
渚は最後まで学校に行きたいはずだから。

クリックすると元のサイズで表示します

卒業式。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

杉坂、仁科さんにべったりだな。マジでデキてんじゃないの?
かわいいのにもったいない。

智代は女子にモテモテ。
っておい、智代が解放されるの待ってるやつって末原悠仁(生徒会副会長)じゃないか?
まさかね、そんなことないよね。ははは…

ゆきねぇとお友達。
田嶋泣いてます。
須藤さんは後ろ姿で。

クリックすると元のサイズで表示します
卒業式の日。渚は、この部屋から、学校の方を眺めたままだった。


あることを思いつき、春原の実家へ電話をかける朋也。
クリックすると元のサイズで表示します
芽衣「はい、春原です」
朋也「芽衣ちゃんか?岡崎だけど」
芽衣ちゃんが出ちゃったw
春原の母さんの出番なんだが。
まぁ春原の母さんには悪い印象しかないし、芽衣ちゃんでいいよな、うん。

朋也「春原いるか?」
芽衣「お兄ちゃん、寮で暮らしてて、うちにはいないんです」
朋也「寮…?」
クリックすると元のサイズで表示します
芽衣「会社の寮です。よかったら番号お教えしましょうか?」

春原「はい、代わりました」
少し作ったような声。
朋也「春原、俺だ、岡崎だよ」
春原「えっ…岡崎?マジかよっ?」
一瞬であの頃に戻る。時間なんて関係ない。

1日だけ休みをとってこっちに来るように頼む朋也。
春原「今、研修中だからさぁ、勝手に寮から離れたらクビになっちゃうよ」
朋也「悪いなっ」
春原「クビになれってか!?」

春原「はぁ、人の彼女のためにこんなに苦労するなんて、僕って最高にいいやつですねぇ」
朋也「だから、おまえに頼んでんじゃん」
このセリフは大好き。
ただ思ってたよりあっさりしてたな。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
学校へ向かう渚と朋也。
て私服かよっ。

クリックすると元のサイズで表示します
手を振る杏。
つーかどうせなら杏だけじゃなくて、みんなで声かけてやってくれ。

クリックすると元のサイズで表示します
春原「渚ちゃんっ、久しぶり」
朋也「誰だ、おまえ」
春原「おまえね、久々の再会でそれはないだろ」
黒髪春原きたw
智代編以来となる黒髪。
だが春原はやっぱり金髪だね。

みんなの休みが揃った奇跡の一日。
付け加えるなら、愛の奇跡だ。

渚、送辞のない答辞。
BGM:遥かな年月

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
原作CG再現。

みんなに囃し立てられながら、手を繋いで坂を下るシーンはカット。
なぜだぁっ!
朋也が卒業したときにできなかったことが、ここでできたってCGなのに。

拘置所へ。
クリックすると元のサイズで表示します
朋也「俺、こいつと一緒になる」
どんな気持ちで今、俺はいるのだろうか。自分でもよくわからなかった。
感情に揺らぎはない。まるで紙に書かれた文字を読んでいるような気分だった。


俺たちは婚姻届を出した。
クリックすると元のサイズで表示します
…岡崎渚。それが、今日からの渚の名前だった。


つづく




クリックすると元のサイズで表示します
次回。
朋也、原作では同棲初日のテンションですw
変態朋也くるか?!



感想など。

野球は不満もありましたがそれでも涙腺が緩くなる。
青春どストライク!ってのに案外弱いのか俺はw

今回のサブタイ『卒業』ですが、これは渚の学校卒業と古河家卒業の二つの意味があるかと。
特に言うことはないね。
いい回でした。
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ