椰子の実

PhotoLog*
遊子往きて再び還らず・・あの日、あのとき、心に留めておきたい様々な想い
  ・・・・・Travelogue・Monologue・・・my memories・・・・・

 

お薦めの書籍

一休コム

成城石井

過去ログ

カレンダー

2019年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:mizugame
このblogはカメたちの話題には一切触れていないので、コメントがつけられていることに長い間気づきませんでした。
本当に申し訳ありませんでした。
投稿者:kemaimai
はじめまして。
東京都在住のケマイマイと申します。

googleでセマルハコガメを検索して、ダイアナちゃんのページに辿り着きました。

すばらしいサイトですね!

私の石垣島の友人は市街地に住んでいるのですが、庭にセマルハコガメが住み着いているのだそうです。

台風でどこかから流されてきたようで、もう数年暮らしており、来た頃より一回り大きくなっているとの事です。

ダイアナちゃんの飼育環境について読むと、管理が容易ではないことが分かりますが、さすが石垣島ですね(笑)。

友人のお母さんが野菜くずを与えるとおいしそうに食べるとの事ですが、給餌はおろか触ることさえ禁じられているのですね。友人にも伝えておきます。

私はこのセマルハコガメに”ハコリーナ”との名前をつけてあげました。きっとハコリーナ自身も気に入ってくれていると思います。(笑)

(腹側甲羅の蝶番構造について知りたかったのですが、どのように閉じるのですか?甲羅の一片一片が接続部分から折れ曲がって、背側甲羅との間に隙間なく閉じることができるのでしょうか?)

もう十年以上前になりますが、芸術家のロバート・ラウシェンバーグがロッキーと言うカメを20年以上飼っていて、呼ぶと来て、甲羅のてっぺんをコリコリ掻いてやると気持ちよさそうに手足を突っ張らせている写真を見たことがあり、大変驚きました。

ダイアナちゃんも、mizugameさんの姿を見ただけで擦り寄ってくるとのことで、すごい!と思いました。

カメは人間とコミュニケーションができる生き物なんですね。

WEB Monologueの、戦後熱帯魚史も非常に興味深く読ませていただきました。

長くなってしまいましたが、今後も貴重な知識を公開し続けてください。

それでは、失礼いたします。


http://blog.livedoor.jp/kemaimai/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ