とりあえずつくってみたブログ

ちまちましたもの、生き物が好きなはしもとのブログです。
まったりよろしくどうぞです。

 

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:はしもと
紹介してよかった!!

一家に、いや、一卓にひとつ、ダイスタワーを!!

ダイスタワー&素晴らしいゲームディ、ばんじゃーい!!
投稿者:ツキカゼ
早速、使ってみましたよ。
1000円とは素晴らしいコストパフォーマンス。
これで、やれダイスが丘の上に引っかかって振りなおすだの振りなおさないだのといったトラブルから開放されました。
族長のおかげで、和気藹々とした、素晴らしいゲームディを過ごせましたのでしたw
投稿者:はしもと
オギーさん、こちらこそ初めまして。

ダイスタワーがいろいろ気になっている方向けにちょっとレビューっぽいことを書いときます。

ダイスタワーは紙製で厚さは2mm。本体を構成するパーツとトレー底面となるパーツ、2つのパーツをそれぞれ折り曲げて組み合わせることで、完成します。

で、組み合わせる前のそれぞれのパーツの寸法です。

・本体を構成するパーツ
上辺部25.2cm
底辺部38cm
高さ18cm

・トレー底面となるパーツ
約7.5cm×約17.3cm

そして、組み立て後の寸法はこんな感じです。

奥行き16.1cm
幅約6.8cm
高さ18cm

※寸法に突出した部分を含んだり含んでいなかったりしていますので、あくまでも目安としてください。


各接合部を接着しなければ、組み立て後も、再度2パーツに展開・分離可能です。

紙製ですので、破損に至るような圧力、水分の吸収による変形や破損、
突起箇所・折り曲げ箇所の磨耗・疲弊に特に気を付ければ、長持ちすることと思われます。

組み立て→分解を繰り返すと、接合箇所・折り曲げ箇所等から厚紙の積層がほぐれてしまい、
ダイスタワーの寿命を縮めることになることと思います。

紙製であるということは加工しやすいということでもあるので、思い切って、折り曲げ箇所を全て切り離して、
ビニールテープやガムテープ等適材を用いて、繋ぎ直して使用している方たちや、
比較的安価なので、消耗品として割り切って畳んで持ち運んでいる方たちが既におられるかもしれません。

ちなみに、はしもとの場合は、組み立てた状態で、ミニチュアゲームに使用する情景モデル等と一緒に100円ショップで購入した半透明のストックボックスに入れて、
水や破損に至るような圧迫からガードして持ち運ぶつもりです。

ダイスタワーを購入・使用する際の参考にしていただければ幸いです。
投稿者:オギー
初めまして。
ネットを流れてここに着きました。
このダイスタワーなんですが、大きさってどれくらいなんでしょう?
あと、畳んで持ち運びとかは可能ですか?
投稿者:はしもと
そうです、値段がお手頃なんですよー!

これで鋼でもダイス・トラブルが激減ですね!

勝利の鋼、ばんじゃーい!!
投稿者:ツキカゼ
海外でもっと高いのは見た事ありますが、これは値段が手頃ですね。
さっそく注文します。
情報どうもです!

カレンダー

2020年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ