DOKUDAN

-- あるいは管理人のヲタクな独り言 --

 

と、言うワケで

こちらのblogは引っ越しました。引っ越し先はこちら「Horumonism」引っ越しに伴い、文中のリンク先にある音楽関係のmp4ファイルはすべて削除しましたので、あしからずご了承くださいませ。

ARCHIVES

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事にはコメントを投稿できません
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:louis
「どこで身につけたか」かは、そのうち語るとして、さらに私の本業はともかく(笑)私も聴いた事がありますね。曰(いわ)く・・・
「弦は裏通しの方が鳴りが良く、音が良い」「ネックはローズの方が弾きやすい」etc...
カルベ氏も「聞いた事がある」ということだけで、現役時代(?)実感したであろう事だけど、正直言って「違いがわからん」のですよ。そう、「何がどうあれ、良いものは良い」って感じですかね。何を隠そう「(たぶん)ボディーの鳴りとは全く無縁であろうカーボングラファイト製のスタインバーガー」の音が気に入って使ってたことがありましたから。
そういう意味では、そういうこだわりはないですね。たまたま「裏通し」だっただけなんでしょうなぁ。
投稿者:カルベ
私はベーシスト!
大変耳障りの良いタイトルであります。また投稿内容も海を越えて聞いている私もブルブル来るものであります。それにしてもこの最近のテクノロジーは素晴らしいですね。LOUIS氏のデモが簡単にそれも鮮明に聞けるのですね。付け加えますとLOUIS氏のベースは味がありますよね、大先輩に言うのも何ですが、”どこで身につけたんですか?”と申し上げたいです、普段は郵*局にお勤めでしょ(笑)?と思うわけです。
で、StingRayの話ですが、弦をボディーを通すタイプがやはい良いと現役(?)の時に聞いた事があります。ブリッチで弦が止っているいるタイプよりボディーその物が鳴るって聞いた事があります。
おじゃまいたしました。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ