シンフォ日記

2010/6/23 | 投稿者: losthouse

平沢進のニュー・アルバム「突弦変異」を聴く。

クリックすると元のサイズで表示します

P-MODELデビュー30周年/平沢進ソロ・デビュー20周年を記念したネット・イベント「凝集する過去 還弦主義8760時間」から派生したCD第一弾。

要するに「P-モデル時代の楽曲を、昨今の平沢ソロの手法を使ってリメイクする」というコンセプトに基づいたアルバムなのだけど、これがすごく良い。

大仰と言えばあまりに大仰なストリングス・アレンジ、疑似オーケストレーション、唸るエレキ・ギター、勿論全編に渡って鳴り続ける電子音。テクノだパンクだと言う前に、やっぱり平沢進は根っからのプログレ者なのだと証明するようなアルバムである。

また、企画モノでありながら、現在の平沢進の作風に内容が直結しているところは流石としか言いようが無い。
冒頭、P-モデルのファースト・アルバムに収録されていた「アート・ブラインド」のリメイクからして、前作「点呼する惑星」で展開されたテーマの続編としても成立している。
繰り返される「未来は綺麗に」というお馴染みのマシン・ヴォイスが、現在の平沢進の手に掛かるとより一層深長な意味をもつ。

イラク戦争以降、それまでとは打って変わって、政治的な立場を強く主張するようになった現在の平沢進が、過去我々を何度も踊らせたP-モデルの楽曲にあたらしい意味と意義を加える。

むかしP-モデルのファンだったひとにこそ、是非聴いて欲しい。
我々のダンスは無駄では無かった。
そう思いたい。


アルバム「突弦変異」より「Solid air」













※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ