馬骨日記

2010/2/28 | 投稿者: losthouse

渋谷区恵比寿。
リキッドルームに行って、平沢進のライブを観る。

リキッドルームで3日間も演ると言うのに、チケットは全公演即日完売。
超満員の老若男女が、汗を流しながら開演を待っている。
何年か前までは、平沢進のライブと言えば比較的がらんとした印象があったものだが、やはり昨今のニコニコ動画での人気っぷりだとか、Twitterでのフォロワー2万人超えだとか、インターネット経由での情報伝播が、集客の追い風になっているのに違いない。


客電が消え、嬌声と怒声の坩堝と化す観客。
爆音で流れる変態テクノにのって、平沢進が登場。「ソリッデアー!」の怒鳴り声で会場が爆発する。
なんと1曲目から、P-モデル中期の名曲「ソリッド・エアー」なのである。フロアが揺れる揺れる。

今回のライブでは、他にも「アナザー・デイ」とか「リーク」とか、(僕の行かなかった日にはゴーズ・オン・ゴーストまで!)P-モデル・ナンバーが沢山演奏されて、ロートル・ファンにも嬉しい選曲。


前回のライブに引き続き、今回も手元の鍵盤は無し。レーザー・ハープがすっかりメイン楽器となったようだが(頭上に6本のレーザーが追加されて、前回よりも更に奇天烈なガジェットと化していた)、ギタリスト平沢進が大好きな僕のような人間にとっては、おニューのモズライトがお披露目されたのが何より嬉しい。

終盤、アルバム未収録の高速チューン「ルクトゥン・オア・ダイ」では、レーザー・ハープを弾かずにそのモズライトを抱えて歌う。
ギターでコードをストロークしながら歌う平沢進を久々に観られたわけで、まだバンド編成でギターを掻き鳴らしながら歌っていたかつての姿を思わせて、懐かしかった。
更にはピート・タウンゼントばりに、右腕をぐるぐる回す悪ノリぶりも観られて、やっぱり平沢進はギターを持って歌うのが似合うよなぁ、とか何とか、ぶつぶつ呟きながら帰路。


クリックすると元のサイズで表示します


ちなみに今回のライブでは、Ustreamでの動画中継と、Twitterの公式アカウント https://twitter.com/8760h のツイートによる実況、という試みが行われていて、何と言うかこういう「新しもの好き」な嗅覚は相変わらず鋭いなぁ、と感心した。







※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ