コモドオオ日記

2010/1/25 | 投稿者: losthouse

「陽気幽平 experience III 恐怖の爪」を購入。
http://ameblo.jp/inudahajime/entry-10421778828.html


「ケケカカ物語 とり小僧」、「首帰える・おぶさりダルマ」と続いてきた陽気幽平experienceシリーズも、今回の「恐怖の爪」でひとまず完結らしい。

もっともっと読みたいし、こうなったら全作品を復刻するくらいの勢いで続刊して欲しいと思う気持ちもあるものの、きっと「こっから先は自分で探して読みなさい」という編集人からのメッセージなのだと受け取った。
「ここまで歩き易い路を作ってやったのだから、あとは貸本原本を探して歩む、深くて暗い茨の路を歩きなさい」とでも言うような。

その名前だけは知っていても、今まで読む機会が無かった陽気幽平という「ど」マイナーな作家の作品を、3冊も復刻してくれたのだから、その業績は最大級の称讃に値する。
心から「おつかれさまでした」と言いたい。


で、「恐怖の爪」だが、これが本当に素晴らしい。
中身の事は何も書くまいが、21世紀のいまでも充分に通用する、怪奇漫画の傑作であると思う。

限定333部、シリアルナンバー入り。
しかも初回出荷分に限り、「きみも陽気幽平博士になれる 化物全書」小冊子の特典付き。

貸本怪奇漫画ファンは、急いて買うべし。


クリックすると元のサイズで表示します






※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ