タレント・イズ・アン・アセット日記

2009/4/23 | 投稿者: losthouse

平日の渋谷。
オーイースト、っていうライブ・ハウスで、スパークスのライブを観る。

2001年の初来日から数えて、スパークスのライブを観るのもこれで3回目になるけれど、回を重ねるごとにショウ・アップして行く演出と、充実したバンド・サウンドに驚嘆。

しかしこんなに楽しいロック・バンドのライブって他に有るだろうか。ちょっと思いつかない、ってくらい、エンターテインメントとしては比類なき完成度である。

スクリーン映像と女性ダンサーを交えながら、最新アルバムを全曲披露する第1部が終わって、休憩を挟んで第2部。

第2部はなんと、今年で発売35年目となる名盤「キモノ・マイ・ハウス」を、レコードと同じ曲順で全曲演奏する、という夢のようなメニューで、懐メロ・ショウと言われればその通りなんだが、「懐メロで何が悪い、みんな喜ぶんだからいーじゃん」って感じの、エンターテインメントとしての開き直りがいまのスパークスには確固として有って、その自信が演奏の細部に命を与えている。実に良かった。

第2部のラスト。名曲「赤道」のコーダで、お客さんが「もっと続けろ」という催促の意味でコーラス部分の合唱を止めないもんだから、終わるに終われなくなって、苦笑しながら舞台上に突っ伏すラッセル・メイル。
見るにみかねたロン・メイルが、上着をラッセルの肩にかけ楽屋へ戻るように促し、疲れきった格好で歩き出すラッセルと、それを抱きかかえるロン。すると突然思い直したように、再びうたいだしたラッセルはロンの腕を振り払い…。
という、ジェームス・ブラウンのお決まりネタのパロディが、たぶんアドリブだろうにすんなり出て来てしまうところに、スパークスの芸人としてのリテラシーの高さを感じる。大変面白かった。


クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ