バベルの塔の日記

2009/3/31 | 投稿者: losthouse

もう出ることは無いだろうと思っていたのに、出た。

もう出ないんじゃないかとたかをくくっていたから、今月の初めにはもう出ていたというのに、すっかり油断して見逃していた。

ついに出た。

安部公房全集 第30巻が。
http://www.shinchosha.co.jp/book/640150/

当初「全29巻+別巻1」と予告され、全集が刊行開始されたのが、安部公房が死んでから4年後の1997年のことだった。

当時の僕は仕事も無かったくせに、どっかからお金を工面してきて、2ヶ月に1度発売される安部公房全集だけはこつこつ買い集めていた。
文庫本で読み親しんだ作品も、編年体で順を追って読むことで(更に執筆当時のインタビューや対談記事などを併せて読むことで)、まったく違うように読めて楽しかった。

だけど、途中から何度か2ヶ月に1度の刊行が遅れるようになり、編集の苦労が読む側にもひしひしと感じられたものだが、遂に第29巻が刊行されて一応の完結をみたのが西暦2000年。

以来、出る筈の「別巻1」が出ないまま、もう9年の月日が経っていたのだ。

それが突然に「第30巻」と銘打って出版されたのだからびっくりする。
索引代わりのCD-ROMも付いていて楽しそうだ。

長年完成させることの出来なかったパズルがやっと完成したようで、実に嬉しい。

クリックすると元のサイズで表示します

参考リンク:
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/090324/acd0903240806002-n1.htm
http://www.asahi.com/culture/update/0117/TKY200901170211.html




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ