ぐらこん日記

2009/3/10 | 投稿者: losthouse

吾妻ひでおの新刊「地を這う魚」を読む。

「新現実」と「コミックチャージ」に掲載されていたシリーズに、書き下ろしを加えた単行本。

板井れんたろうのアシスタントをしながら、プロデビューを目指していた自身の修業時代を描いた自伝漫画、ではあるが、強迫的なまでに緻密に描き込まれた画面からは、所謂「自伝」的であることから出来るだけ遠くへ離れようとする強い意志が感じられて、「自伝」そのものである物語とのギャップが異様におもしろい。

吾妻ひでお版「まんが道」という評も多い(というか帯に書いてある)ようだけど、「地を這う魚」には藤子不二雄の「まんが道」にあるような熱情もカタルシスもまるで無くって、当たり前だけど印象はずいぶん違う。

からっからに乾ききったギャグと無感情な語り口は、つげ義春の「西部田村事件」とか「庶民御宿」とかにむしろ近いものを感じるけれど、つまりそれは昔からの吾妻ひでおの芸風そのものである、ということでもある。
読みながら、僕はやっぱり吾妻ひでおのこの感じが好きなんだよなぁ、と再確認するとともに、幸せな気分になった。

クリックすると元のサイズで表示します




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ