拘泥日記

2008/2/26 | 投稿者: losthouse

年末年始でも無いのに、ここ最近は何かと言えば酒ばかり飲んでいる。
しかも毎回長時間飲酒の我慢比べみたいな状態で、頭がスポンジになってふわふわのとろとろになってしまった。

酒場で飲酒を繰り返しながらヴァン・ダー・グラフ・ジェネレーターのファースト・アルバムを聴いていて、このアルバムの初回版は確か後の通常版とは一曲違う曲が入っているんじゃなかったかしらん?ってな事をスポンジの頭で適当に喋っているものだから、問題の「ネクロマンサー」という曲が初回版に収録されているってゆうような嘘をついてしまった。
正解は、初回版はクレジットには「ネクロマンサー」って書いてあるのに、盤には全く別の曲が入っている、でした。
嘘をついてしまったと反省。更にふわふわとろとろになる。

別の酒場では、むかしの友だちと再会する。
じっと目を凝らさなければテーブルの上にある自分のグラスを取ることすらままならない、照明が行き届かぬ頽廃した赤い部屋で、明るく感傷的な気分でジンやウォッカを豪快に飲む。

それとまた別の酒場では、アフリカ帰りの男と遭遇。
彼のお相手の高級娼婦はイタリア帰りだと自慢していたけれど、彼女が首に巻く、まるで犬猫の首輪のようなチョーカーに、目が釘付けになる。

もうひとつ別の酒場では、母親による児童虐待を見物。
繰り出す手刀のそのスピードに驚嘆し、母子そろって泣き喚きながらも、なお暴力を止めようとしない母親の恐ろしい姿に陰鬱な気分になる。

そしてまた別の酒場では、ついに腹を立ててしまったひとが頭からしゅんしゅん湯気を立てていて、気の利いた例え話でなだめようとしたのだけれど、自分がそもそも何で何を例えようとしていたのかを話の途中ですっかり忘れてしまって、混乱した挙句、まぁこの辺で良いか、と適当な着地点で無理矢理話を終わらせてみたら物凄い勢いで怒られた。ごめん。

さらにまた別の酒場、ここは実を言うとカラオケボックスなのだが、カラオケなんてちいともうたわずにウーロンハイでだらだら過ごしていたらお店のひとから怒られて、おまえらカラオケ屋に来たんだから何か一曲だけでもうたってけ、って凄まれて、あ、すんません、って言いながら仕方が無いのでヤプーズの「赤い戦車」という曲を僕は熱唱した。
うたいながらもやっぱり何て良い曲なんだろう、と僕は感激したのだけれど、そこは既に体力の限界点、そのまま気絶してダウン。

さて、以上のような酒場めぐり、地獄めぐりを経て僕はいま黙ってひとりでギターを弾いていて、とりあえず少し頭のふわふわとろとろを抑えて、準備をしなけりゃならんのだ。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ