ラーク日記

2008/1/16 | 投稿者: losthouse

怪奇漫画といえば。

まんだらけ発行の目録、「まんだらけトラッシュ 第5号」が凄い。

「ひばり書房HC以降」と題し、あの黒い背表紙のどぎつい怪奇漫画たちや、こんなん出てたんだぁ、って感じの少女漫画やエロ漫画たちが約500冊、カバー表紙は勿論、裏表紙やカバーをとった状態の本体表紙まで全てオールカラーの書影付き。
しかも同じ作品でも再プレス時のタイトル違い、カバー違いまで全て網羅されていて、これで600円は安い。

ひばり書房といえば、同じ漫画をタイトルを変えたり表紙を描き直したりして何度も出し直すことで有名で、読んだ事のない漫画を買ったつもりが「あっ!これ持ってるよ!騙された!」ってなるひとも多いと思うので、このカタログはとっても重宝するだろう。
かくいう僕もついこの前、いばら美喜の「怪談!!黒猫」という漫画を古本屋で見つけて危うく買いそうになったのだけど、それは既に持ってる「化け猫少女」と全く同じ漫画であるという事を知って買わずに済んだのはこの目録のおかげなのだった。よかった。

なにより寝る前なんかにぽけーっと眺めて、「怪談血吸い天女」とか「首を切られたいじめっ子」とか「猿少女」とか数多のタイトルと書影を追っているだけで、もうそれだけで言い知れぬ甘酸っぱさ、居心地のよさに酔い痴れて、朝までぐっすり安眠できるのだ。

クリックすると元のサイズで表示します




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ