イヴのすべて

2007/12/31 | 投稿者: losthouse

近所のドン・キホーテに行ったら、パティ・スミスがあきたこまちの20キログラム袋を重そうに抱えて歩いていて、ああ、パティ・スミスも米とか買うんだなぁ、カレーとか喰いそうだもんなぁ、って思っていたら、もう10年以上会っていないむかしの友だちに背中のほうから声をかけられて、やぁ久しぶり、って握手して、近くのファミレスでお茶でも、って行ったんだけど、顔は全然変わってないのに、むかしは野球帽を被ってジーンズとTシャツだった彼が、今ではテーラードのスーツをぱりっと着ていて、昔話をする中にも時折混じる「いまの会社でも」とか「俺の会社でも」とかそんな台詞が気になって、「で、いま何してるの?」って聞くと、「あれ、コバちゃんから聞いてない?」とか言われて、そもそもコバちゃんなんてひとを知らないので、「聞いてない」って言うと、なんでも会社をふたつも経営していて、そのひとつはハーブティーの輸入販売店とかで、むかしはマリファナばかり吸っていた男がハーブティーとは出来過ぎでいて似合わない、なんて滑稽な世の中だ、「で、君はいま何してるの?」って聞かれても、「なーんもぉ」と答えて、右手をぐるぐる回しながら店を出ようとしたら、レジんとこにあるおもちゃの棚に足を引っ掛けて血を流し、ぬいぐるみやミニカーが腕や脚にからみついて噛み付いて僕の生き血を啜るので、尚も涙を流しながら「よいお年を!」と叫んで今年が終わった。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ