彼岸日記

2007/1/5 | 投稿者: losthouse

はい、あけましておめでとう。

正月で世間がのんびりしている間に、たまっているDVDを観たり未読の本を読んだりして暮らそうと画策していたのに、酒を飲んだりおせちを食べたりギターを弾いたりウルトラファイトを観たりして何だか忙しくて全然読めない。

それでもR・A・ラファティ「子供たちの午後」を読む。

むかーし青心社SFシリーズというマイナーなアンソロジーの一冊として出ていた単行本の再発で、日本オリジナルの編集版。古本屋でも全然見かけないシリーズだったので再発は嬉しい。
デビュー作「氷河来たる」が収録されているのが珍しいけれど、初心者にもとっつきやすい、割とフツーのSFしてる短編が並んでいて、気狂いラファティを期待しているとちょっと肩透かしかも。

国書刊行会からは今年(来年か?)初期長編「第四の館」も初訳出予定だというし、あとはやはり青心社から出ていて既に絶版の「トマス・モアの大冒険」(これも古本屋で全然見ない)、サンリオ文庫「イースターワインに到着」「悪魔は死んだ」(古本屋にあっても買える値段じゃない)の3冊がきちんと再発されれば、こんなにめでたいことは無いのだけれど、そんなにめでたいことはそうそう無いでしょう。

おまけ。ラファティの仕事部屋にあったドアの写真。ドア以外にも壁じゅうこんなコラージュだらけだったようで、死後すべて廃棄されたそうな。勿体無い。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ