時事日記 改訂版

2006/9/25 | 投稿者: losthouse

坂東某とかいう作家が書いた、例の「子猫殺し」というエッセイが話題になり始めてから、もう一ヶ月くらいは経つんだろうか。(親切にリンク貼ったりはしないので、知らない人は自分で検索)
様々な議論が繰返されたが、「生命の尊厳を守れ」とか「猫にだって親子の愛情がある」とか、思考停止気味の批判が大方を占めているようだ。

僕はそのほうが生き易いんだったら、人間をサイボーグ手術するのも一向に構わないと思う性質の人間なので、どうしても必要があるんなら避妊手術も結構、雌猫の卵巣が切除されようが雄猫の精巣が切除されようが何とも思わない。

生命の元を絶つことは非人道的なのだと言われても、子供が生まれない、ってことがどれほど人道に反しているのかがわからない。生命は種の保存のため子孫を残すために生まれて来たので、その可能性を奪うことが可哀想だ、という意味なんだろうか。まるで子供のできない夫婦は生命を全うしていないと言っているみたいで、それもよく理解できない。

自然に反しているから良くないのだ、と言われても、山を崩してトンネルを掘ったり、野原をセメントで固めて自転車置場をつくったりすることとの違いがわからない。僕は遺伝子を組み替えてつくった野菜だって平気で食べられるし、山の中で野宿するよりも人間がつくった高級ホテルで寝るほうが居心地が良い。

いずれにしても、人間は自分の立場にたってしか物事を考えられないので、「自然」とか「生命」とかわけのわからないものの立場にたとうとするからわけがわからなくなるのだ。
要するに猫を擬人化して、「自分が避妊手術されるところを想像すると絶対イヤだ」から「猫にも避妊手術させたくない」ってだけの話であって、それこそ身勝手というか、人間ならではの傲慢な意見のような気がする。

そりゃあ子猫殺しなんて褒められたことじゃ無いし、僕も猫を殺したりはしたくない。だけど「可哀想だから」「殺すのは悪だから」子猫殺しは糾弾されるべき、とあまりに感情的になっている文章を沢山目にすると、嫌味のひとつも言いたくなってしまう。
これもやはり殺された猫を自分の立場に置き換えて過剰に勝手に感情移入しているだけであって、そうした個人的な思い込みを排して純粋に人間の立場から考えてみれば、「猫なんて何匹死のうが構わない」筈だ。人間の立場とは本来傲慢で冷酷なものなのだから、けものの命なんて何とも思っちゃいない。人間とはそういうものだ。猫を殺したりする人間の有り様を引き受けたほうが良いと思う。猫を殺してしまう人間の心根を理解しようと努力すべきだと思う。

で、ここからが本題なのだ。
そもそも僕が一番わからないのは、近隣に野良猫を増やさないようにする「社会的責任」というやつが有るばっかりに子猫を殺さなきゃならない、という部分で、別に近所が野良猫だらけになったところでそんなに困るもんなのだろうか、と思う。
街が猫でいっぱいになったら楽しいじゃないか。せいぜい公園の砂場で排泄をするから子供が遊べない、とか、さかりの声がうるさい、とか、その程度の問題じゃないのか?
ペストが蔓延するから、とか、諸星大二郎の「猫パニック」みたいになるから、とかきちんとした理由があるなら理解できるのだけれど。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ