ロスト日記

2006/8/13 | 投稿者: losthouse

安部公房の「赤い繭」って格好良い小説に、現代音楽の諸井誠が曲をつけて、芥川比呂志がナレーションして、高橋悠治がオンド・モルトノを弾いて、そんなエクスペリメンタルな音楽が1960年にNHKラジオで放送されていたのは安部公房マニヤのみなさんなら既にご存知の筈。

んで、その音源が限定500枚でCD化されている、という情報をとある筋から入手して、慌てた僕は三宿の交差点の近くにあるレコード屋までとぼとぼ買いに行く。

とぼとぼ歩いていると突然の雷鳴、集中豪雨。
すっかり楽しくなって、稲妻が展望できる高層ビルの上階で雨宿り、246号線の向こうに見える放電ショーに見蕩れてしばらく時間を忘れる。
紫色の空と、鈍色のアスファルトが燃えて溶ける。自動車も路に迷って泣いている。みんな悲しくて可哀想で泣いている。

豪雨が過ぎて、再びとぼとぼ歩き始めて、夕刻の世田谷公園で寛ぐ。
地面も空も電柱も噴水もプールもおっさんも犬も自転車もすべてがぎらぎら光っていて感激する。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ