日記日記

2006/7/17 | 投稿者: losthouse

吾妻ひでお「うつうつひでお日記」を読む。

前作「失踪日記」が出たときには、万人が買わなきゃならない旨をこの備忘録でも喧伝して、こういう漫画が売れなくちゃいかん、と息巻いていた僕だが、まさかその後本当に増刷が間に合わなくなるくらい売れてしまったのには驚いた。

本作はその「失踪日記」の続編、のような装幀ではあるが、これはいわゆる二匹目の泥鰌、というやつであって、正統な続編では無い。中身は同人誌や「コミック新現実」で連載されていた、「失踪日記」刊行直前あたりの日記漫画をまとめたものである。

断酒こそ成功したものの、商業誌の仕事も殆ど無くなり、抗鬱剤を飲みながらちまちま漫画を描いたり読書したりしているだけの日常を記録した、本当に日記形式の漫画であって、「失踪日記」のようなドラマは無いから万人受けはしないだろうけど、僕は非常に面白く読んだ。

というか、この本は仕事もしないでうつうつしているだけの日記、という触れ込みなのだけど、「毎日ネタ出ししたり原稿描いたりして、けっこう働いてるじゃん」と思ってしまう僕がいて、このくらい働いていて、尚かつ図書館に日参して一日一冊以上の読書をこなしているのに、「もう漫画描けない」とか「引きこもりだ」と悩む吾妻ひでおは多分真面目なひとなのだろうな、と思う。

僕も仕事が無くって、なんにもしない空白の何年間かを過ごしたことがあるけれど、そのときは何もかも面倒くさくって近所のコンビニにすら出掛ける気力がわかなかったし、本を読むのも億劫だった。それでいて退屈というわけでもなくて、意外に満足して日々を過ごしていたのだから恐ろしい。
どうやら僕にはそれが気に入ると過剰に依存する癖があるようで、これはいわゆる「落ち癖」というやつであろう。慣れるとなんでも楽しくなってしまうのだからこれは怖いことですよ。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ